忍者ブログ
白猫・月子に振り回される毎日。でも、愛してるぅ~~!だから全部許す(笑)。 “ヤクルトスワローズ(燕さんチーム)”“ムーンライダーズ”もちょっとあります。
HOME ≫ Entry 「浅田真央選手、引退」 ≫ [2399] [2398] [2397] [2396] [2395] [2394] [2393] [2392] [2391] [2390] [2389]
常に高みを目指して、どんな困難にも立ち向かい続けた、そんな選手でした。
レベル低めの技を無難に演じる方が勝てるという傾向の採点がはびこっていたなか、決して自分に妥協することなく、難しい技に果敢に挑戦し続けた競技人生でした。

ソチ後、そのままきれいに辞めておけばよかったという意見もありますが、ワタシはそうは思わない!
復帰して戦い続けた真央ちゃん。
世界選手権を3度制した人が、今まで身に着けたジャンプの飛び方を一から見直す、そんなことができる人、いますか?
野球で言ったら、山田哲人がバッティング&盗塁フォームをまったく新しくするみたいな、イシカータンが今から右投げに挑戦するような、そんなもんですよ!!

現状維持なんて言葉は、彼女のなかにはない。
残念ながら、5歳から滑り続け、跳び続けてきた彼女の体が悲鳴をあげてしまったことで、選手としてのキャリアを終える決断となったのでしょう。

ワタシたちは、忘れることができません。
バンクーバー五輪シーズンのFS、ラフマニノフ「鐘」のあの重厚な曲に負けない、圧倒される演技を。
そして、ソチ五輪シーズンのFS「ピアノ協奏曲第2番」の心を強く、強く打つ演技を。8つのトリプルジャンプを組み込むという、前人未踏の挑戦を。

真実、唯一無二。
それが浅田真央選手でした。











PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
E-mail
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
プロフィール
HN:
kawoossan
性別:
女性
自己紹介:
kawoossan:白猫月子(つーさん)の下僕。

月子(つーさん・♀):雑種の駄ネコ。下僕に厳しく、自分に甘く。
最新コメント
無題(返信済)
(10/24)
無題(返信済)
(10/16)
無題(返信済)
(10/15)
無題(返信済)
(10/10)
(09/19)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 17 18
20 21 22 24 25
26 27 28 29 30
本棚
ブログ内検索
アクセス解析
バーコード
フリーエリア
最新トラックバック
※ 忍者ブログ ※ [PR]
 ※
Writer 【kawoossan】  Design by NUI.T  Powered by NinjaBlog