忍者ブログ
白猫・月子に振り回される毎日。でも、愛してるぅ~~!だから全部許す(笑)。 “ヤクルトスワローズ(燕さんチーム)”“ムーンライダーズ”もちょっとあります。
HOME ≫ Category 「燕さんチーム(ヤクルトスワローズ)」 ≫ [1] [2] [3] [4] [5] [6]
アーロン・ガイエル 奇跡を呼ぶ男 スタンドへ飛ばせ 気合いの一撃を~~~~

ツイッターのトレンドワードに目を見張った。

「ガイエル」

ガイエルって、まさか、アーロン・ガイエルさん?
って、ホントにガイエルだったよーーー!

球団公式ツイッターのコメント
「ガイエルがアドバイザーとなります。宜しくお願いします。」

いやいやいや、そっけないっつーか、情報不足!
アドバイザーって何のよ?(野手の駐米スカウトだそうです)
しかも“ガイエル”って呼び捨て?友達か!←ツッコミ

でも、うれしい!ワタシもガイエル大好きでした。
丸っこいがっちり体型(カナディアン・ペンギンって呼ばれてた)に、ハンサムなお顔と天使のような金髪の巻き毛。
結構俊足で肩も強かった。四死球が異常に多くて「マグネット」と言われたりした。

最多勝を取ったグラなんとかが金に転んで(まあ、プロとしては正しいけどさ)翌年じゃいあん(つ)に行ったとき、「ブー!腐ったチキン食べて、お腹を壊せばいいんだ」なんてお茶目を言ってくれたガイエル。

飛距離がありすぎるホームランで、球場内が一瞬静寂になる「サイレントホームラン」が得意技だったガイエル。

ああ、懐かしいなあ。
スワローズの個性あふれる外国人選手たちのなかでも、特にファンに印象を残した選手でしたね。
(そういえばデンさんことデントナは元気にしているだろうか。)

球団もいい人事をしてくれたものです。今後、いい野手をどんどん推薦してくれることでしょう。

さて、野手はガイエルに任すとして、投手のスカウトは、ぜひロマンを!ロマンをぉ~!




PR
2019年の東京ヤクルトスワローズ、始動。



体格のいい小川監督の胴上げは、真中さんや若松さんよりも力がいるからね。
キャンプでしっかり鍛えてね、選手たち!(違う?)





「ビール半額デーに屋外でビール飲みたい」という人々のチケットを購入して貯めまくったスワクルポイント。2018年初頭にドーンと使って申し込んだDVDが届きました。








いいところばかりを編集したものとはいえ、確かに2018年シーズンは見どころが多かった。
終盤に追いついてひっくり返して勝った展開の試合が多数収録されていましたが、先発や2・3番目の投手が失点したってことで、何年も課題とされてる投手陣の問題点が2018年も完全には解決してないんだけど、それでも後ろが固まったことと、打ち勝つだけの打線があっての2位ですものね。96敗から見事に「再起」したシーズンでした。
でも、最後の最後、特典映像のスーパーカラービジョン映像のCS版は、ほろ苦い気持ちになりました。
あの日、現地で見たノーノー。あのくやしさが2019年のスワローズの原動力となれ!燃えろ、燕の子たち!


ワタシの名前を呼んでくれたライアン。
めっちゃ硬い。真顔。真面目。それがまたライアンらしくて、ますます応援したくなったぞ。
2018年の北海道胆振東部地震の影響で発売が延期になっていた限定発売の「カップdeヤクルト」。ようやく店頭に並ぶようになりました。
被災地の酪農家さんたちが仕事ができるようになったのか、それとも他の供給先を確保したのか。前者だといいのですが。

ワタシが一番好きなのは「ソフール」。次に「ヤクルト」。その次が「カップdeヤクルト」。「ジョア」や「ミルミル」は気が向いたときに買う。「ミルージュ」「レモリア」「蕃爽麗茶」は見かけたら買うけど、ほぼ見かけない。「タフマン」は買わないなあ。

千里の道の一歩から、山田哲人くんの年俸4億も80円のヤクルトから。
この1個、1本がだ、巡り巡って選手の年俸になると(ならない?)言い聞かせて買う。

ヤクルト本社ももっとヤクルト球団の選手を上手に使ってほしいの。彼らをCMに起用しよう! それとも、特定の選手を使うとまずいみたいな意識が内部にあるのか。もしくは本社が球団の選手の人気的なところを軽く見てるのか。
ヤクルト関係のCMって、ケン・ワタナベとか大泉洋とか剛力彩芽とか、微妙にパッとしない(失礼)人選よのう。大泉洋は好感度高そうだけど。


つーさん生前に、あれこれ「体にいいんだよ」と差し出しましたが、どれもお気に召していただけなかったなあ。つーさんには糖分が高すぎるからまあ仕方ない。

ヤクルト(まったく反応なし)

ジョア(用があるのはストロー)

ソフール(顔をそむける)

ミルミル(神宮から帰ってきて下僕が叱られるパターン)




FAは選手の権利ですが、現状、「選手のわがまま」みたいな扱いになっていますよねー。
スワローズでも、ハタケがちょっと迷ってたら「いい加減にしろよ」的な話が球団?コーチ?監督?からあったみたいな記事を読んだ記憶が。違ったらスミマセン。

まあ正直、ファンとしては、FAで出て行かれると心中穏やかではいられません。
とはいえ選手としては、与えられた権利を行使して責められるのは困惑しますよね。




カネと権力を持ってる一部チームだけが有利にならないように、ドラフト制度の改善・FA取得期間の短縮や戦力の(できるだけ)均等化のルールを決めないと、って、ずーーーーっと言われ続けていますが、変わらないですよね。

今回、「人的補償のルール変更が必要では?」みたいな報道があちこちからでてますけど、知らんがな。
内海も長野も、まずドラフト時点のゴネ入団よ。球団ぐるみで横紙破りやってるくせに、FAのルールにのっとった人的補償の対象になったら、「まさか」だの「申し訳ない」だの「いずれ戻ってきて」だの、寝言か!

大体あのおれんぢはさあ、昭和はとっくに終わって平成すら終わるのに、未だに川上・長嶋・王の時代が常識だと思ってるふしがある。
「常勝を宿命づけられている」だの「球界の盟主」だの、すでに世間的なコンセンサスがないのに、一生懸命自分たちに呪いをかけていませんか?
まるで、経済力も国際的な発言力も低下してるのに「世界で愛されてる・尊敬されてる日本!」って日本人が日本国内で言い張ってるみたいで、悲哀を感じる。(こういうこと書くと反日とか言われちゃうのかなあ。)

野球人口の減少とか娯楽の多様化とか、多分あと10年から20年でプロ野球はグズグズになるんじゃないのかな。ワタシは野球をぼーっと見るのが好きだからそうはなってほしくないけれど。
リーグまたはNPBが一丸となって衰退を遅らせるための方策を取って行かなきゃと思ってはいるんでしょうけれど、どうなのかなあ。
共存共栄っつーか、対戦相手がいないと成立しない野球という競技なんだから、全12球団が尊重しあえる枠組みが必要ですよねえ。
プロフィール
HN:
kawoossan
性別:
女性
自己紹介:
kawoossan:白猫月子(つーさん)の下僕。

月子(つーさん・♀):雑種の駄ネコ。下僕に厳しく、自分に甘く。
最新コメント
無題(返信済)
(02/07)
無題(返信済)
(02/04)
無題(返信済)
(01/21)
無題(返信済)
(01/14)
無題(返信済)
(01/01)
カレンダー
01 2019/02 03
S M T W T F S
1 2
5 7 8
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 21 22 23
24 25 26 27 28
本棚
ブログ内検索
アクセス解析
バーコード
フリーエリア
最新トラックバック
※ 忍者ブログ ※ [PR]
 ※
Writer 【kawoossan】  Design by NUI.T  Powered by NinjaBlog