忍者ブログ
白猫・月子に振り回される毎日。でも、愛してるぅ~~!だから全部許す(笑)。 “ヤクルトスワローズ(燕さんチーム)”“ムーンライダーズ”もちょっとあります。
HOME ≫ Category 「燕さんチーム(ヤクルトスワローズ)」 ≫ [1] [2] [3] [4] [5] [6]
ワタシの最も愛し尊敬する石川雅規投手先発試合、2戦連続して見てきました。どちらも勝ちがついて、んもう、イシカータン最高!

7日は、阪神戦。先発の青柳対策で左打者を並べた燕チーム。先にイシカータンがマルテに一発食らったけれども、すぐにケリーがタイムリーで追いつく。
追いつくものの追い越せないのよねー、なんてボヤいてたら、みんな大好きツバメの希望、村上くんがスリーランをライトスタンドに叩き込む!外野で見てましたが、グングン近づいてくる打球を追う興奮よ。
イシカータンは6回1失点。83球で球数的には7回くらいまでは行けるのにと思いましたが今年のベンチは、あまり無理をさせない方針なのですな。
この後、みんな大好き雄平ちゃん、そして我らが誇る至宝山田哲人がそれぞれホームラン!
特に山田哲人の内角をさばいてレフト上段に叩き込んだホームランには、涙が出そうになりました。とてもとても美しい当たりでした。ありがとう山田。

ヒロインの勝ち投手と勝利打点打者。
39歳と19歳。167センチと188センチ。かわいい!



そして今日14日。
チーム2連勝の勢いに乗って、イシカータンの169勝を見届けるぜ!と神宮に乗り込み、まずは腹ごしらえと水分だ、と内野のstreamer espressoでアイスコーヒー買ってたら、ビッキーが、ビッキーがホームラン!!
テレビに映る大引様(キャー!)と、7点。

7点?!
1回の裏よね…
コーヒーショップの店員さんと「すごいですね」と顔を見合わせてしまいました。

そしてねー、イシカータンの投球がねー、本当に魔球のようでした。面白いように打者が引っ掛けてゴロを打つ。ショートの廣岡の特守のよう。横浜の打者がタイミングを外されて、体勢を崩す崩す。
バックネット側の席から見ていましたが、130キロ台のストレートがすごく速く見える。打者が振り遅れてましたよ。
8回ワンナウトまで四球1で、ノーノー行けるんじゃないかと球場内が騒然としていましたが、残念ながら横浜のルーキー伊藤選手にホームランを浴びてしまいました。
それでも後続を抑えて、8回101球、四球1、ホームラン1で6勝、通算169勝を勝ち取りました。

恵まれた体格ではなくても、160キロでなくても、現役最多勝利を重ねていく姿に惚れ直しました。大好き!

勝利の関東一本締め!


何が嬉しいって、エラーなし!
エラーが、なし!
一度ピッチャー返しが抜けそうになったけど、後ろには鉄壁のセカンド・山田哲人様。そつなくアウトでした。
それから先発全員安打を達成したこと。イシカータンもレフトに川端慎吾さんばりのキレイな流し打ち。天才か!(天才だ)
山田、大引、ココちゃん、村上くんとホームランバカスカ打つもんだから、つば九郎がいそがしやえがし。(つばみちゃんはファームの試合に出張)

まあダントツ最下位で借金20、自力で優勝もCSもとっくに消滅してるのですがね。
ホームランキングに挑戦できる打者が3人、打点王と新人賞狙える子、盗塁王と四度目のトリプルスリーの可能性を残してる子がいて、なーんでこんなに負けてるのかと(苦言)。
しゃーない。残り試合、出来るだけ勝つ。特に上位イジメを目指して頑張ろう!

PR
昨日の神宮、なんだか霞がかかっていたのです。
かすみ目のせい?(かすむわボケるわ、これ老が……うわぁーーーー!!)スマホのレンズ汚れ?
ビール半額デーの大入満員の、人いきれ?


霞んでますよね。ちなみにこれは明治同期対決、星くん対柳くん。

ま、本当は暑さ対策のミストシャワーかな、と思いました。事実は不明。

しかしながら、まーた追い付くところまで行ったのに追い越せず、追い抜かれて負けましたよー。再三得点チャンスがありながらも、ランナーホームに返せないんだよなあ。ブン回さずに、犠牲フライやゴロでも点は取れる。カッコいいホームランやクリーンヒットばかり狙うな。村上くんのことだけど。

まあ、進塁打やバントが決められない、意味のないアウト献上でツーアウト、ってのが多いのがいけないんだよー。
ああ、畠山が恋しい。彼がいかに考えて打席に立っていたことか。

あと、守備でもミス連発。ランナー挟んでおきながらのグラブからポロリとか、ガッカリ。悪送球も2つ。

つまりは基本がなっとらん、ということなんでしょうかねえ…
霞んだ視界に入るチームの先も霞んで見通せません!!

しかし、星くんや奥村くん、若い衆の未来が明るいことを切望する。、絶望しないで諦めないで。

あ、ワタシは基本ベテラン大好き、ベテラン贔屓なので、雄平ちゃんが永遠のスタメンだったら嬉しいです。昨日もライトでウッキウキの彼を見てたら幸せになったわー。

何だかんだと言ってますが、やっぱり神宮に行くと楽しいですね。
やまーだてつと!のホームラン(ココちゃんのは間に合わず)、ココちゃん激走ツーベース、いいもの見せてもらいました。
あと、高〜く上がったファーストのフライで、村上くんの周りにすごい勢いで内外野のみんなが集まって来たのには笑いました。ポロリ対策よねー。無事捕球できてワタシまで安堵のため息ついたよ。

心配なのは青木。早めの交代が、体調不良と今朝知りました。熱中症かなあ。
しかし頭部死球何度も食らってるし、その他の死球も多いし、リーダーとしてチームを盛り立ててるけどうまいことチーム成績が上がらないストレスとか、色々ありすぎて…


またしても力投でチームの連敗を止めた、小さな大エース!今日はマルチ安打で打点も1上げました。さすがです。
イシカータン、じゃいあん(つ)戦は燃えるよねー。怪我を原因に指名を反故にしたチームだもんね。倒せ倒せ!



しかしイシカータンがオレンヂに指名されてあのユニ着てからくりのお屋敷で投げてたかと思うとゾツとするぜ。
ありがとう、不実なオレンヂチームのフロント。

167勝まで来たからね。身長と同じ勝ち数とニュースになってますが、今4勝5敗だから、まずは勝ち数を先行させるために2勝しよう。すると、ひと昔の公称身長に並びまーす(^^)169センチって名鑑に書いてあった時代があるよねー。ふふふ。

200勝まで残り33。まずはそこを目標に。
もちろん200勝を超えて、投げ続けてください。
雨と傘はおとももち。
球団50周年にふさわしい、ヤクルトらしい、ほのぼのとした記念試合となりました!

ただ、レジェンドのおじさまおじいさまたちには、良いグラウンドコンディションの中で野球をやってもらいたかったなー。


ヤクルト球団の良いところ。
サトシンさんとか今浪とか、トレードで来た選手も選出したこと。もちろん参加できて比較的動ける人、というのの兼ね合いもあるんでしょうけど。こういうところが、好きなの。
ガイエルとイムはわざわざ来日してくれてありがたいです。2人とも大好きだった!

我が永遠の推し、ドバ様こと土橋勝征選手の笑顔!

メンバーの兼ね合いでサードでしたが、堅実な守備は健在、逆シングルで捕球してましたよ!本当はセカンドで見たかったな。

試合開始したらゲームに夢中で写真どころじゃなくて、いやー本当に楽しかった。

ワタシが実際に神宮に足を運ぶようになったのは若松監督時代後半、その前は「セリーグならヤクルトがいいよね」程度のライトファンだったので(現役時代の若松さんや土橋様が好きだった)、78年の優勝メンバーはもちろん、野村黄金時代の選手たちすら一般的な知識と淡い記憶しかないのですが、そんなニワカでも胸が熱くなる名選手たちの躍動でした。

名選手は老いても名選手。若松さんや杉浦さんタイムリーとか、水谷さんの名守備よ。
安田猛さんは、杖をついてグラウンド入りされましたが、インプレー中は杖なしでしっかりと歩んでいらっしゃいました。闘病中のお身体で出場してくださったこともありがたいですし、神宮のマウンドで投げる姿をファンに見せてくださったこと、忘れられない思い出になりました。
年代がバレますが、父親がいつも見ていた巨人戦で、安田さんは何度も“世界の王貞治”を手玉に取ってたんだろうなあ。756号チャレンジを何度も阻止したなんて、しかも最速130キロ台の球で!凄みすら感じます。イシカータンのよう。

ヤクルトのエースの背番号17の松岡弘さん、川崎、川島亮の躍動もたまらないものがありました。(シミノボ、すごく重い番号だぞ。負けず羽ばたけよ。)

川島亮・米野のバッテリー。エースと絶対的捕手の後継者という、チームとファンの大きな、そして重すぎる期待を背負っていた2人。選手ではなくなった今の人生も、実り多く幸多いものになれと心から願います。
しかしながら亮くんさん、バッピもやるとはいえ、130キロ台のキレのある速球ポンポン投げる!バッテリー対バッター真中のガチ勝負、見ごたえありました。あの球に合わせてくる真中、すごい。

花火とつば九郎。つば九郎もレジェンドですね。

中の人はぱとろーるはすこし控えて、身体を大切に。ぼちぼち無理がきかなくなるお年頃よ。(中の人などいない)

慎也のショートとバントとスライディングはにほんいち〜とか、ガイエルサイレントヒットで応援歌歌えない問題とか、浩康バットピッピッとか、背番号1の3人は全員華があるさすが!とか、まだまだダラダラと書き連ねたら永遠に続きそう。そろそろまとめを。

野村、若松、古田、小川、スワローズを育てて支えてきた監督たち。

ありがとうございます!
もちろん優勝監督の真中、あと、高田さんも戦力の整備の基礎を残してくれた大切な人。
これからもチームを見守って、時には口を出してください。
野村さんもボヤいてましたが「チームは最下位、何をやってるのかと!」
そのとーおーりーー!!

まあでも振り返ってみると、野村、若松、古田、高田、小川、真中、小川と、どの時期もチーム成績は上下動が激しい。
それが東京ヤクルトスワローズなんですな、ハハハ…



大連敗→1勝2敗→4連勝
どうしたもこうしたも、これが通常営業です。振れ幅でか過ぎるんです!連敗してもせめて5とか6くらいにしておいてくれよー

昨日の試合もイシカータン7回1失点のほぼ完璧な投球と素晴らしいスクイズで打点1、我らが山田哲人様ホームランに、左の時には頼りになるやつ(土橋様の応援歌の有名な改変歌詞)代打荒木のタイムリー、8回ハフ、までは素晴らしい流れ。
9回新守護神マクガフでピシャリ!
ピシャリ!
ぴ……

ああああーー!ストライク入らない!ヒット打たれた!サヨナラのランナーが溜まっていくーー!うわぁああああああああああああーー

抑えたーーー!うぎゃあああああーー!マクガフーーお前(←不適切)も劇場系かーー!

ファンの胃腸はボロボロですけど!!

はっ!
これはヤクルトとミルミルとジョアの売り上げ伸ばすための、本社の陰謀……っ!!



違う、と信じたい。


交流戦から絶不調の広島と「お前」問題でガタガタしてる中日相手とはいえ、勝ちは勝ち。
イシカータン、3勝目おめでとう。
プロフィール
HN:
kawoossan
性別:
女性
自己紹介:
kawoossan:白猫月子(つーさん)の下僕。

月子(つーさん・♀):雑種の駄ネコ。下僕に厳しく、自分に甘く。
最新コメント
無題(返信済)
(08/19)
無題(返信済)
(08/15)
無題(返信済)
(08/08)
無題(返信済)
(07/29)
無題(返信済)
(07/29)
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2
6 7 8 9 10
11 12 13 14 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
本棚
ブログ内検索
アクセス解析
バーコード
フリーエリア
最新トラックバック
※ 忍者ブログ ※ [PR]
 ※
Writer 【kawoossan】  Design by NUI.T  Powered by NinjaBlog