忍者ブログ
白猫・月子に振り回される毎日。でも、愛してるぅ~~!だから全部許す(笑)。 “ヤクルトスワローズ(燕さんチーム)”“ムーンライダーズ”もちょっとあります。
HOME ≫ Category 「ムーンライダーズ(日本最古のロックバンド)」 ≫ [1] [2] [3] [4] [5] [6]
今やおばちゃんのワタシが生まれる前から、音楽を奏で続けているおじさまたち(っつーかおじいさまたちだな)。




あがたさんも、はちみつぱいのメンバーも、

「くせがすごいんじゃ~~~!!」by千鳥

はちみつぱいは、なんか土と埃のにおいがする。でもあがたさんは全くそうじゃない。

全員、風味が全然違う、ものすごく熟成したチーズのよう。なのに、なぜかバランスとれてるという不思議。それが年輪というものか。

あがたさんと共演すると、完全にメインを持っていかれる、というか慶一さんが引くんだよなあ。それがらしさなんだけど、もっと慶一さんが歌うところ見たかった。
あと、個人的に「リラのホテル」を太久磨くんのボーカルで聞いてみたい。あがたさんともかしぶちさんとも違う味がありそうで、興味があります。

しかし。
はちみつぱいを聞きながら、しみじみと痛感してしまいました。
ワタシは、ムーンライダーズのライブが見たい……。

PR
うぞおおおお!!!慶一さん&のんちゃん!!!!

能年ちゃん、ムーンライダーズ知ってるの????

なんだこの、私得なツーショットはっ!emojiemojiemoji

うぎゃああああああああああ!!!

どっちも超かわいいっ! ※

※注:鈴木慶一様は、日本ロック界の重鎮で、今年で御歳66歳……

ですが!

ワタシの中では永遠の超かわいいおじさまです♪
笑顔がねえ、素敵なんだよぉおお!!

能年ちゃん、矢野顕子さんの映画のトークイベントに来て、慶一さんと会ったのか~
わーん、ワタシも行けばよかったよぉ~!

映画「この世界の片隅に」の素晴らしい演技といい(もちろん、その他の出演者の方やアニメも素晴らしかった)、この逸材を、日本の芸能関係者はもっともっと採用していくべきではないだろうか?
さまざまなしがらみやルールがあるのはある程度は当然としても、そのしがらみやルールは、本当に必要なものなのか?

能年ちゃん、ムーンライダーズも色々なものと戦ったり利用したり(利用されたり・裏切られたり)したけれど、40年以上たってもまだまだ現役ですよ。
あなたの将来も、まだまだこれからよ!

ワタシの激愛するおじさまバンド・ムーンライダーズ。

明日はとうとう、結成40周年のトリを飾る、中野サンプラザでのライブ☆

2011年の無期限活動休止。
ソロ活動の充実、2013年かしぶちさんの死、2015年くじらさん大動脈解離で生死の境を彷徨い、年末の慶一さん45周年ライブで大復活(泣)。
そして2016年、40周年を迎えて「休止の休止」でライブハウスツアー。

なんという激動の5年。
明日のライブ後はまた、「休止の休止の休止」の開始なのでしょうが、メンバーが生きてさえいてくれれば、いつかまた、活動再開の可能性がある。

かしぶちさんのいないムーンライダーズは、もうムーンライダーズではないという意見もあり、それは確かにその通りでしょう。
メンバーは全員そろそろ「アラウンド70」、身体の衰えが感じられることも多くなりました。

それでもワタシは、満身創痍のムーンライダーズを、愛する。愛する。
愛に理屈はいらないものさ☆

ムーンライダーズ。
今年で結成40執念…じゃなくて40周年。

そしてワタシのファン歴21周年(こっちは21執念の方が正解か?)。


メンバーは(もちろんワタシも)20年分、歳を取って、肉体的な衰えや深刻な病、そしてメンバーの死までを抱えているのに、バンドという形を取ると味わいが増している不思議よ。

国内外の音楽に造詣の深い音楽好きの方々がファンの99.9%、なのにワタシはまーーーったく、と言っていいほど疎い。特に洋楽なんて全然わからん。
それなのに20年も「好き」が続いて、多分これからもずっと、「好き」でい続けるんだろうなあ。おかしなことである。


写真は2016年11月11日、金沢アートホールのライブ終了後の撮影タイムにて。

1997年から東京で行われてきたムーンライダーズのライブなら、多分9割は参加してる。それだけじゃなく、北は岩手から西は岡山まで、ソロやユニットも含めて、ライブの追っかけするようになるなんてね。

20年前のワタシに教えてあげたい。

「あなたが間違って手にしたそのCD、あなたの人生を狂わせるよ」

でも幸せ(笑)


ワタシの心から愛するおじさまバンド、ムーンライダーズ。

ムーンライダーズの音楽をヴァイオリン、トランペット、マンドリン、コーラス、ヴォーカルで彩る人。
音楽性だけでなくそのおおらかな人柄で、バンドのメンバーだけでなく、おそらくスタッフや周辺のアーティストの皆さんにも温かな影響を与えている人。

唯一無二の人。
武川雅寛さん。


18日に急性大動脈解離で倒れ、現在もICUに。

くじらさん、起きてください。

博文さんは、ご一緒する予定だった北海道のライブを無事に終えたそうです。
あがた森魚さんや加藤登紀子さん、みなみこうせつさんも、くじらさんがバックを務めてくれないと困ってしまいますよ。


どうか、元気になって。

来年はムーンライダーズ40周年じゃないですか。
慶一さんに悲しい顔をさせないで。
プロフィール
HN:
kawoossan
性別:
女性
自己紹介:
kawoossan:白猫月子(つーさん)の下僕。

月子(つーさん・♀):雑種の駄ネコ。下僕に厳しく、自分に甘く。
最新コメント
無題(返信済)
(10/24)
無題(返信済)
(10/16)
無題(返信済)
(10/15)
無題(返信済)
(10/10)
(09/19)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 17 18
20 21 22 24 25
26 27 28 29 30
本棚
ブログ内検索
アクセス解析
バーコード
フリーエリア
最新トラックバック
※ 忍者ブログ ※ [PR]
 ※
Writer 【kawoossan】  Design by NUI.T  Powered by NinjaBlog