忍者ブログ
白猫・月子に振り回される毎日。でも、愛してるぅ~~!だから全部許す(笑)。 “ヤクルトスワローズ(燕さんチーム)”“ムーンライダーズ”もちょっとあります。
HOME ≫ [1] [2] [3] [4] [5] [6]
つーさんのほっぺ。



魅惑のお背中。



ねこさまの肉というか皮というか、柔らかくてつまみがいのあるお体の素敵さときたら…!
ムニムニしながら、白いご飯三杯は軽くいける。

左党の方々なら、つまみながらつまみにしてお酒が進むこと間違いなし。ほぼ下戸の下僕の妄想としては、つまみながら味わうのは日本酒の熱燗かウィスキーオンザロック。

ああ、つまみたい。つまみたいよぉおお~~!!




PR
藤井ちゃんの51も奥村くんの56も、変わってしまうのは残念な気持ちもありますが、良い番号になると言っていいので、おめでたいことだと喜びましょう。


ワタシの中で背番号0といえば志田か比屋根か。
2015年は、1回の裏に当たり前のように背番号0が塁に出て、あっという間に本塁に帰ってきてたなあ。トライアウトで新しい背番号を獲得できるように願っています、チバリヨ!ヘーサン比屋根。

奥村くんは00でどんどん実績を積み上げて、もう一度背番号変更を狙わねば。言わずと知れた6ね。

若い衆が(って、藤井ちゃんはそんなに若くないけど感覚的に)どんどん力を発揮して、レギュラー陣の心にも火をつけないとね。
11月なのに変に暑い日が続きます。体調の管理が難しい今日この頃、みなさま&ねこさまたちは、お元気でお過ごしでしょうか。

下僕はまんまとやられております。
夏以降、体重が数キロ落ち体脂肪率が急上昇。つまり筋肉が減ってるので、重力に抗えないおばちゃん体型にますます拍車がかかるしブラはガバガバ(男性陣よ、女性が痩せるのは胸からなんだぜ…でも太るのは腹からなんだ)、手の甲の皮膚に不気味に浮き上がる血管、顔はしわや法令線がこんにちは♪

THE貧相。


ぼんやりとした不調が続き、時々、「うげ…」状態がやってくる。
布団にひっくり返りながら思うのは、4月から6月の病床のつーさんのこと。

ねこさまは我慢強いので、本猫が不調を訴えるのは本当の本当にギリギリの病症になったとき。
あの日、あの時、ワタシの看病やふるまいは正しかったかなあ。
良かれと思ってやったことやかけた声がつーさんに負担になっていた可能性大だあ……今更遅いけど。



ですよね…(反省)

自分の体調が悪い時に変に触られたりしたら、「やめてくれえええ!」って思うもんなあ。人間同士なら言葉で意思疎通できるけど、ねこさま相手だと下僕が観察して想像力を働かせるしかない。でも、想像力だけではなかなか正解かどうかわからない。

ああつーさん、今ならもっと上手にできると思うの。
だから、下僕のところに帰ってきて、もう一度一緒に暮らしましょうよ~~



いやーん。



最近は果物だけでなく、おいしさ=甘味という傾向がありますが、甘けりゃいいってもんじゃないでしょ~。特に果物には酸味も必要だと思う!その中でも温州みかん!甘さと酸っぱさがあの1房にぎゅっと詰まって、皮を剥く手が止まらない。
日本の冬の風物詩・コタツとみかん。しかし最近はコタツのない家庭が増えたせいもあり、みかんの消費量が減っているそうです。

さて、コタツ&みかん&白猫ときたら……

警戒される。

かまわず載せる。


載せる。


コタツじゃなくても、載せる。


嫌がられて逃げられる。


ごめんなさーーーーい。
(でも毎年冬になるとやってました。悪い下僕よのう)
レギュラーシーズンと交流戦とCSと日本シリーズ、勝者がそれぞれまちまちであった2018年。
各栄冠に輝いたチームの皆さん、ファンの皆さんへつーさんから一言。




レギュラーシーズン1位とCS勝ち抜けの2冠はカープのみでしたね。長い長いシーズン、お疲れ様でした。

それにしてもパリーグに日本一を持っていかれ続けているセリーグは、もっともっと全体で底上げしないと、ますます差が開いてしまいます。セリーグ6球団よ、頑張ろう!

さて、スワローズですよ。選手もファンも驚愕の(笑)交流戦最高勝率(優勝でいいじゃん)と、レギュラーシーズン2位という成績に、喜びと評価の声がほとんどと思います。もちろんワタシも、球団も選手もよく踏ん張ったなあとしみじみこの結果をかみしめております。

が!
2019年も今年と同じ、またはそれ以上の戦い方ができるのか、と問いたい。

スワローズって、超一流・一流選手と、大変に失礼な言い方だけどその他の選手との実力差があまりにも大きいチームじゃないでしょうか。
超一流・一流選手がコケると、2017年の96敗が最たるものですが、本当に箸にも棒にも掛からぬ成績になってしまう。
その辺、監督やコーチたちも分かっていて、底上げの必要性を唱え続けているのですが、今年の戦いを見ていても、上位打線と下位打線、レギュラーと控えの差がありあり。
特に野手。2軍でやることないけど1軍だと力が発揮できない選手たちの殻をいかに破るのか。「考えて野球ができない」という宮本HCの発言は重いです。
CSの甥っ子に対して「積極的に打っていこう」の指示が「早打ち」に変換されて、初球POPフライなんてのは「考えてない」最たるものですよ!
古田が山田のFAについて含みのある発言をしていましたが、居心地は良くてもぬるいチームでは超一流は物足りなくなっちゃうのよ。レベルと意識の高いチームに行きたいでしょ、そりゃ。

だから1.5~2流の選手たちよ、脳みそと体を一緒に鍛えて2019年シーズンに備えてくれ!
特に上田、いい加減「期待の若手」枠から抜け出して!君は選手で広報じゃないからね。あ、でも、君のSNSはありがたくはありますよ、もちろん。



プロフィール
HN:
kawoossan
性別:
女性
自己紹介:
kawoossan:白猫月子(つーさん)の下僕。

月子(つーさん・♀):雑種の駄ネコ。下僕に厳しく、自分に甘く。
最新コメント
(11/18)
無題(返信済)
(10/31)
無題(返信済)
(10/22)
(10/14)
無題(返信済)
(10/13)
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2
5 6 7 8 10
13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
本棚
ブログ内検索
アクセス解析
バーコード
フリーエリア
最新トラックバック
※ 忍者ブログ ※ [PR]
 ※
Writer 【kawoossan】  Design by NUI.T  Powered by NinjaBlog