忍者ブログ
白猫・月子に振り回される毎日。でも、愛してるぅ~~!だから全部許す(笑)。 “ヤクルトスワローズ(燕さんチーム)”“ムーンライダーズ”もちょっとあります。
HOME ≫ [1] [2] [3] [4] [5] [6]
うわーん(泣)
どの選手も、死力を尽くして戦い抜きました(泣)

それにしても、フィギュアスケートの世界のすさまじい進化っぷりよ。特に男子。
複数回・複数種類の4回転ジャンプをプログラムに入れることが当たり前の時代になるとは。
何度見てもジャンプの区別が全くつかないワタシが言うのもなんですが。

振り返れば長野五輪のストイコとクーリックとの4回転対決、日本のほぼ唯一の4回転ジャンパー本田武史の孤軍奮闘。懐かしいですなあ。このころは4回転トーループを跳べる選手がほんの一握りだった。
バンクーバー五輪の4回転を避けた金メダリスト・ライサチェックと、4回転を跳んだ銀メダリスト・プルシェンコ。
そして4年前のソチ五輪でも、「4回転トーループとサルコウ跳ぶの?すげー」だったのに、平昌五輪では、アクセル以外のジャンプ全部、「4回転あり〼(ます)」。
ネイサン・チェンやボーヤン・ジンにとって、4回転はエレメンツの1つに過ぎないという恐ろしさよ。

ジャンプの練習方法やトレーニング法が整備されたこともあるのでしょうね。若い世代にとって競技の可能性がどんどん広がっているのが素晴らしい。ただし、ジャンプ偏重ではなく、スケーティングの美しさや表現力、スピン・ステップなどの総合力を評価するルール作りが必要になるのでしょう。

それにしても、フィギュアスケートって、スポーツと芸術のせめぎあいだからか、ルールがコロコロかわるんですね。ルールにのっとって勝ちに行くことは、競技スポーツとして正しいふるまいです。しかし、その中にとどまらず、新しいことに挑戦した選手が、新たな時代と新たなルール作りを促す波紋になっていく。

なかでもひときわ美しく光り輝く波であった、浅田真央選手。
常に、「今の自分」を越えるために戦い続けた真央ちゃん。
言っても仕方ないことですが、バンクーバー五輪・ソチ五輪が現行ルールだったなら……
ソチのFSは、世界最高の演技だと今でも思います。多分、これからもずっと変わらないだろうなあ。

PR
2017年ダントツ最下位、96敗したチーム。
あまりにもガタガタで、こんな時に戻ってくるなんて、貧乏くじを引くにもほどがあるという状況。
それでも、あえて火中の栗を拾おうとする人たちがいて、チームは少しずつ変わり始めています。
小川さん、宮本、そして青木。戻ってきてくれてありがとう!

公式ツイッターの、山田・若松さん・青木の、背番号1を背負った3人のレジェンドが並んだ写真には、目頭が熱くなりましたよ。
そして、池山と岩村にも思いをはせました。2人も野球を盛り上げるために、同じ空の下で頑張っている。

あー、早く開幕しないかなああああ!燕の子たちが躍動する姿が早く見たいなー!

だが、過度の期待は禁物。
何といっても96敗。急激に底上げされるもんではない。3年は我慢しよう。
そう思っていたはずなのに、なんだかすぐにでもAクラスを狙える気になってしまいました。いかんいかん。

でもさ、青木が復帰記者会見で「ヤクルトを優勝させる」なんて言ってくれて、うれしかったし、小川さんが胴上げされるところ、青木や山田がビールかけではしゃぐところ、ずっと、ずーーーーっと見たかった。ワタシのこの願いが本物になる瞬間、きっと来るはず。

なんて夢を見ていられる開幕前が、一番楽しいのかもしれない(笑)。
でもやっぱり早く神宮に行って、やきもきしながら野球を見たいでーす!




打てよー 青木ー 広角打法の失礼王子

走れー 宣親 チャンスにはイマイチよーわーいー(打て!打て!あ・お・き!)

まだ背番号1を背負う前の応援歌の、大変失礼な替え歌(作詞kawoossan)。

だって、あのころの青木さんったら、先輩のイシカータンをカツオ呼ばわりするわ、米野と一緒に合コンを週刊誌にすっぱ抜かれるわ、そして、絶好のチャンスでゲッツー打ちまくるわ、なかなかどうして若気の至り(笑)。

しかし、そんな彼もミスタースワローズとなり、そして渡米。
テスト入団の屈辱をものともせず、メジャーリーガーとなりました。
ジャーニーマンと言われながらも、どこのチームでも自分の仕事はきっちりとこなしていたんだからね!頑張りましたよ。

きっとね、本人としてはまだメジャーで、というのが本音だったのでしょう。ワタシも気が済むまではあちらでと願っていました。
まだ球団からの正式発表はされていませんが、お帰り!若松さんも喜んでくれることでしょう。
何より、山田にとってはとても心強い味方だと思います。
外野はバレンティン、雄平、坂口、青木、で競うのかな?高齢じゃのう……。山崎、上田、比屋根は割って入れるのか?超激戦区だあ。
ショートも誰も彼も帯に短したすきに長しという意味での激戦区ですが。

昔の神宮はガラガラだったけど、今はあんなに弱いのに、なぜかお客さんであふれてますからね。青木は驚くかもしれません。

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
つーさん、12月から「ベナゼプリル」という慢性腎不全に効果が期待できる薬を飲んでいます。
以前に抜歯した時の抗生物質はでっかいカプセルだったので、苦労しました。それに比べたら小さな丸い錠剤を1錠、一日1回。それゆえ、投薬するのも楽っちゃー楽なのですが……

つーさんの嫌がり方が、激しい。
怒る、怒る、怒る、薬吐き出す。
そして、噛む。



まだ下僕になって数年の頃、つーさんの腎臓が悪いことが分かって、自宅で輸液をしていたんですが、嫌がって暴れるつーさんに、

「これしないと、死んじゃうんだからあああ!」などとワンワン泣きながら逆切れ。
そんなこともありました。

おお、下僕として、なんという未熟者であったことか!

今ではつーさんがどれだけお怒りになろうとも、何度ペッ!とお薬を吐き出そうとも、

「はいはいはい~、すみませんねえ~~」となだめすかしつつ丸め込んで、必ず飲んでいただきます。下僕も月日を重ねてたくましく成長しましたよっと。

しっかし、薬、高え!
下僕の財布はもう息絶え絶えよっ!
なんとかミクスとか、どこの世界の話か。トリクルダウン(笑)はいったいいつ、ワタシのところに滴り落ちてくるんでしょうねえ?
にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
ヤクルト球団「ねーねー、トラックマン買ってー!」
ヤクルト本社「よそはよそ、うちはうち」
ヤクルト球団「鷹くんも星くんも、みんな持ってるんだよー」
ヤクルト本社「うちは賃貸だし、あれはとっても高いのよ!」
ヤクルト球団「……がっでよぉおお!でないと、去年みたいに、ペナントレースで、いじめられじゃヴぉおお~~~~(号泣)」
ヤクルト本社「んもう!仕方ないわねえ」

みたいな、小学生の子どもとお母さん的なやりとりがあったか否か。
ついに、神宮球場にも、

トラックマンが、やってくる!




記事によると今年中の導入ということですが、できればシーズンが始まる前に設置を。
データ収集して分析して対策立てて監督・コーチ・選手に下ろすまでに、どのくらいかかるものか。そもそも、押尾と志田が退団してしまった状態で、データ分析できるスタッフはいるのかなど不安が渦巻きますが、ヤクルト球団頑張れ。

衣笠社長体制になってからのヤクルト球団は、「本社の宣伝道具」ではなく「プロの球団経営」を目標にしているようでうれしいです。グッズショップ立ち上げやFCの充実も、ファンを引き付けて収益を上げる大きな要因ですけど、一番の本業である野球がちゃんとしてないとね。

小川・宮本体制も、ここ数年のドラフトも、そしてトラックマンも、2018年すぐに効果が上がってくるものではないですが、2年後3年後にはきっと花咲くに違いない。
その頃にまた、「るーびーかけ」ができることを信じて待ちましょう。次は、石山も参加できるぞ、きっと(笑)。

資金のためにも、微々たるものですが協力しましょう。ヤクルトうまい。
にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
プロフィール
HN:
kawoossan
性別:
女性
自己紹介:
kawoossan:白猫月子(つーさん)の下僕。

月子(つーさん・♀):雑種の駄ネコ。下僕に厳しく、自分に甘く。
最新コメント
(02/20)
無題(返信済)
(01/22)
無題(返信済)
(01/22)
無題(返信済)
(01/04)
無題(返信済)
(12/13)
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 8 9 10
11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
本棚
ブログ内検索
アクセス解析
バーコード
フリーエリア
最新トラックバック
※ 忍者ブログ ※ [PR]
 ※
Writer 【kawoossan】  Design by NUI.T  Powered by NinjaBlog