忍者ブログ
白猫・月子に振り回される毎日。でも、愛してるぅ~~!だから全部許す(笑)。 “ヤクルトスワローズ(燕さんチーム)”“ムーンライダーズ”もちょっとあります。
HOME ≫ [1] [2] [3] [4] [5] [6]
「辛いです…つーさんが好きだから。ねこの寿命なんてなければよかったのに」
(鯉の新井さん風に。新井さん引退しちゃってさびしいわあ。まだできるのになあ)

はあ。
ねこがいない。帰ってきてもねこがいない。
なんて味気ない人生……




うわーん!素敵なモフ腹にダイブしたいよぉおお~~
PR
2018年の北海道胆振東部地震の影響で発売が延期になっていた限定発売の「カップdeヤクルト」。ようやく店頭に並ぶようになりました。
被災地の酪農家さんたちが仕事ができるようになったのか、それとも他の供給先を確保したのか。前者だといいのですが。

ワタシが一番好きなのは「ソフール」。次に「ヤクルト」。その次が「カップdeヤクルト」。「ジョア」や「ミルミル」は気が向いたときに買う。「ミルージュ」「レモリア」「蕃爽麗茶」は見かけたら買うけど、ほぼ見かけない。「タフマン」は買わないなあ。

千里の道の一歩から、山田哲人くんの年俸4億も80円のヤクルトから。
この1個、1本がだ、巡り巡って選手の年俸になると(ならない?)言い聞かせて買う。

ヤクルト本社ももっとヤクルト球団の選手を上手に使ってほしいの。彼らをCMに起用しよう! それとも、特定の選手を使うとまずいみたいな意識が内部にあるのか。もしくは本社が球団の選手の人気的なところを軽く見てるのか。
ヤクルト関係のCMって、ケン・ワタナベとか大泉洋とか剛力彩芽とか、微妙にパッとしない(失礼)人選よのう。大泉洋は好感度高そうだけど。


つーさん生前に、あれこれ「体にいいんだよ」と差し出しましたが、どれもお気に召していただけなかったなあ。つーさんには糖分が高すぎるからまあ仕方ない。

ヤクルト(まったく反応なし)

ジョア(用があるのはストロー)

ソフール(顔をそむける)

ミルミル(神宮から帰ってきて下僕が叱られるパターン)




冬だというのに、暖を取りに膝に強引に乗ってくるねこがいない!
冬だというのに、下僕を布団の端に追いやり、ど真ん中でぐーぐー寝るねこがいない!
冬だというのに、冬毛のもふもふ&冬のむっちり・ダイナマイツ☆ボディーで下僕を悩殺するねこがいない!

いなーーーーい!

たりなあああああああああああいい!深刻なねこさま不足ですっ!

天国か極楽か虹の橋でまったりしている白猫に告ぐ!

早く帰ってきてええええ!!

インドア・文系・面倒くさがり。結果、目・首・肩・腰・足、凝り凝りでゴリゴリ。
なら運動すればいいのに、「継続は力なり」が人生において一番遠い目標のワタシ。ちなみに一番近い目標は「他力本願」。

ということで、辛くて我慢できなくなったら、マッサージ&鍼を受けに行きます。
なんと今年から治療費が値上がりしてました。
これが緩やかな物価上昇!政府と日銀の狙い通り!
ちなみに所得は減ってますけど、それは稼げない自己責任ってやつ?

話を戻して。
治療が終わって14時。17時に予定がありましたが一旦家へ帰るのもなんだし、そのままなんとなく歩き出しました。
歩き続けていたら昔住んでいた最寄り駅に出ました。以前は地味だった駅にはこじゃれた店がいくつも。懐かしい商店街をそぞろ歩きながら、ここまで来たなら、はじめてつーさんと暮らした昔の部屋にも行ってみよう!と思い立ちました。
時々行ったスーパー銭湯は健在、小さな生協もまだあった。さて、十数年前でもオンボロだったあの古いコーポは…あったわ。

外壁が明るい色に塗り替えれていましたが、ちゃんと建ってました。
団地サイズの6畳一間+細長い台所+バランス釜のお風呂+トイレ。今住んでいる部屋も決して広くはないですが、あの狭さで若いつーさんがよく我慢してくれたなあ。いや、我慢できないから時々脱走したのか。

一緒に暮らし始めてすぐ、下僕がお風呂の窓をきちんと閉めておらず、そこからつーさんが大脱走。半狂乱になって近所を探し回るも見つけられず、泣きながら帰ってきたワタシがふと目をあげると、お隣のお宅の階段にちんまりと座っていたつーさん。あの階段もちゃんとありました。

あの部屋で暮らした2年弱、ベランダから脱走→下僕の手が微妙に届かない距離でゴロンゴロン→しばらく散歩してから悠々と帰宅を繰り返したつーさん。下僕もしまいには「早く帰っておいでよ!」と窓を開けたまま待ってました。
車が通らない住宅地の2階だったので事故にも合わず幸運でしたが、完全室内飼いが常識になっている今ではダメ飼い主の烙印を押されるなあ。

懐かしい場所をグルグルと歩き回って、思い出すことがたくさんあって、でも、それを共有できるはずのつーさんはいない。
切ない冬のセンチメンタルジャーニーでした。

でも、食欲は別だ!
久々に食べた商店街の名物・クリームパン、美味でした。






FAは選手の権利ですが、現状、「選手のわがまま」みたいな扱いになっていますよねー。
スワローズでも、ハタケがちょっと迷ってたら「いい加減にしろよ」的な話が球団?コーチ?監督?からあったみたいな記事を読んだ記憶が。違ったらスミマセン。

まあ正直、ファンとしては、FAで出て行かれると心中穏やかではいられません。
とはいえ選手としては、与えられた権利を行使して責められるのは困惑しますよね。




カネと権力を持ってる一部チームだけが有利にならないように、ドラフト制度の改善・FA取得期間の短縮や戦力の(できるだけ)均等化のルールを決めないと、って、ずーーーーっと言われ続けていますが、変わらないですよね。

今回、「人的補償のルール変更が必要では?」みたいな報道があちこちからでてますけど、知らんがな。
内海も長野も、まずドラフト時点のゴネ入団よ。球団ぐるみで横紙破りやってるくせに、FAのルールにのっとった人的補償の対象になったら、「まさか」だの「申し訳ない」だの「いずれ戻ってきて」だの、寝言か!

大体あのおれんぢはさあ、昭和はとっくに終わって平成すら終わるのに、未だに川上・長嶋・王の時代が常識だと思ってるふしがある。
「常勝を宿命づけられている」だの「球界の盟主」だの、すでに世間的なコンセンサスがないのに、一生懸命自分たちに呪いをかけていませんか?
まるで、経済力も国際的な発言力も低下してるのに「世界で愛されてる・尊敬されてる日本!」って日本人が日本国内で言い張ってるみたいで、悲哀を感じる。(こういうこと書くと反日とか言われちゃうのかなあ。)

野球人口の減少とか娯楽の多様化とか、多分あと10年から20年でプロ野球はグズグズになるんじゃないのかな。ワタシは野球をぼーっと見るのが好きだからそうはなってほしくないけれど。
リーグまたはNPBが一丸となって衰退を遅らせるための方策を取って行かなきゃと思ってはいるんでしょうけれど、どうなのかなあ。
共存共栄っつーか、対戦相手がいないと成立しない野球という競技なんだから、全12球団が尊重しあえる枠組みが必要ですよねえ。
プロフィール
HN:
kawoossan
性別:
女性
自己紹介:
kawoossan:白猫月子(つーさん)の下僕。

月子(つーさん・♀):雑種の駄ネコ。下僕に厳しく、自分に甘く。
最新コメント
無題(返信済)
(01/21)
無題(返信済)
(01/14)
無題(返信済)
(01/01)
無題(返信済)
(12/21)
(12/21)
カレンダー
12 2019/01 02
S M T W T F S
1 2 4
6 7 8 10 11
14 15 17 18 19
21 22 24 25 26
27 28 29 30 31
本棚
ブログ内検索
アクセス解析
バーコード
フリーエリア
最新トラックバック
※ 忍者ブログ ※ [PR]
 ※
Writer 【kawoossan】  Design by NUI.T  Powered by NinjaBlog