忍者ブログ
白猫・月子に振り回される毎日。でも、愛してるぅ~~!だから全部許す(笑)。 “ヤクルトスワローズ(燕さんチーム)”“ムーンライダーズ”もちょっとあります。
HOME ≫ Category 「ムーンライダーズ(日本最古のロックバンド)」 ≫ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
渋谷行きの地下鉄で某オレンジ球団のユニ+ぞうk…タオル集団を苦々しく眺め、外苑前で降りてゆくヤクルトメガホンを持った人に「ワタシの分も応援頼む!」と心の中で語りかけ。

今夜は、ムーンライダーズのくじらさんこと武川雅寛さんのライブ!

対バンは、バンド(ユニット?)名を、ライダーズの名盤から取ったという、“カメラ=万年筆”。
ベースとピアノの男性二人組ですが、今日はボーカル(宮崎あおい似のかわいこちゃん)・ドラム・ギター・フルートのサポートメンバー付き。
ベースのお兄さんがMC担当でしたが、照れ屋なのか口下手なのか緊張してるのかそのすべてか、発言があやふやで面白かった。

まずはくじらさん一人で登場。
ギターを手に、「ハバロフスクを訪ねて」(かしぶちさん)、「悲しいしらせ」(慶一さん)、「さよならは夜明けの夢に」(岡田さん)、「ガラスの虹」(良明さん)、観客コーラス付き「ボクハナク」(博文さん)、そして「11月の晴れた午後には」(くじらさん)と、メンバーの曲を歌い上げました。
曰く「一人ムーンライダーズです」。

嗚呼、くじらさん、あなたは、本当にムーンライダーズを大切に思ってくれているんですね…(当たり前か)。
それなのに、なんで、どうして、“つまらないことでどうしようもなくなっちまった”のかなあ…(ワタシ、しつこいぞ。でも、きっと、いつかまた、6人で、と希望はこっそり持ち続けてもいいですよね)。


ゲストの大口さん(ピアノ)と、夏秋さんが合流。
「やっとギターから解放される」(くじらさん)。
ギターもうまいですよ、くじらさん!でもやっぱりヴァイオリンを持つ姿が一番好きだなあ。

「横浜のライブとは違った曲をやります…別に同じでもいいんだけどね(笑)ムーンライダーズの性、と言うのか(笑)」で、観客も大笑い。

「とにかくここがパラダイス」「恋はpush!push!push!」の後に、子どもの頃から好きだというフォスターの「夢路より」。うん。ステキ。
ひとりで弾き語りもいいけれど、やっぱりくじらさんの良さって、セッションでより生かされると思います。

そのほか、ガカリョーで初出の「acid moonlight~今日は帰れない」(「acid moonlight」のヴァイオリン、いつもいいけれど今日は特に冴えてた!)、アルバム『くじらのハート』から、「朝の空」。これがまた、アルバムとは全然違うジャジーアレンジ。面白いわ~
タイトル失念しましたが♪やーしのー葉陰に~ 女の谷間に~、というお馴染みの船乗りの歌や、超パワフルボーカルの「イスタンブールマンボ」も良かった。
「鎌倉大船小唄」では♪臭い街に行き~の歌詞に「渋谷!」とアドリブ。

アンコールには、全員登場。
「僕の曲を練習してきてくれたんですよ。みんな、個人で練習して、一緒にやるとちゃんと合う。ムーンライダーズは、あいつらいい加減な奴らばっかりで(笑)、スコア(コード、だったかも)とか間違ってても“これの方がおもしろい”とか、それで30年以上やってきて(笑)」。

初期の名作「頬打つ雨」、くじらさんといえばコレ「a frozen girl, a boy in Love」、そしてオーラスは「スカンピン」。
ライダーズとはまた味わいの違う、とてもみずみずしい良い演奏と、くじらさんの歌が相まって、こちらも嬉しくなるような〆。
若い衆に、「色々好きにやって、楽しんで」と声をかけるくじらさんが印象的でした。

くじらさんは、「面白い方がいいからねー」と、何度もライブ中におっしゃってました。
この人はホントに音楽が好きで楽しんでるんだなー。
音楽でご飯食べて、ご家族を養って、ムーンライダーズで背負った借金返して。
苦労もたくさんあったろうに、乗り越えてきたものの大きさ、おおらかで明るい気質、音楽に対する真面目さ。

ああ、素敵な人だなー、好きだなー、くじらさん。

8月8日に、ソロアルバム発売ですよ、ファンのみなさん!


おまけ。
サポートボーカルのかわいこちゃんがとっても小顔で、骨格がしっかりしてるくじらさんのお顔の半分くらいだったのが、ちょっと笑いました。昭和と平成、って感じ。


おまけのおまけ。
ご機嫌で帰る地下鉄に、楽天のユニフォームの親子連れ発見。その様子から、ヤクルトの敗戦を確信し、帰宅後チェックしたら…やはり8連敗かっ!(涙)


PR
ワタシの“Fabulous Six”。
ワタシの“Evergreen”。
ワタシの最愛のおぢさまバンド・ムーンライダーズ。

12日、日比谷公会堂で行われるあがた森魚さん40周年ライブに、
くじらさん、博文さん、良明さんがサポートメンバー(良明さんはプロデューサー兼)、
慶一さん、岡田さん、かしぶちさんがゲストとして参加。
6人がそろう訳ですが…

結構早い段階で判明していたため、チケットを購入するか非常に迷いました。
でも。
同じ舞台上に6人がいても、ムーンライダーズではない、そう感じてしまうことが切ない。
多分、アンコールで全員そろうでしょうが、6人がムーンライダーズの曲を演奏する訳でもないだろうし(「大寒町」あたりをやりそうではあるけれど)。


さて、大切なことなので、またいいます。

ムーンライダーズは、解散してない、活動休止。

ムーンライダーズは、解散してない、活動休止。

teitterなどを見ると、未だに「解散」とつぶやく人たちが多いこと。
あがたさんまで過去ライブのMCで「解散云々」言っていたそうですが、公式twitterでも「解散はしておりません」と何度もつぶやかれています。

実質、解散状態だったとしても、メンバーが、慶一さんが決定打を放っていないんだから、無期限活動休止。






いつかきっと、という、か細い期待の糸。
すがり続けることが苦しいのか、希望のともしびなのか…おぅ、ドM的。


つ~~~さぁ~ん!
ワタシ待っててもいいんだよね?頑張ろうね、一緒に!

2月、3月と、ムーンライダーズ活動休止のショックがぶり返して、休止前最後の(うっ)アルバム「Ciao!」が聞けませんでした。

聞けないけど、頭の中には流れ続ける「主なくとも 梅は咲く ならば(もはや何者でもない)」。

歌詞はこちら
ファンにとって、こんなに切ない歌詞があろうものか…

小さなこと あっという間 大きくなってゆくよ
大きなこと 月日がたち 小さくなってゆく


休止のわけが垣間見られるようです…
きっと、はじめはほんの小さなことだったのだろうに。
35年積み重ねてきた膨大な楽曲やライブ、バンドとしてのつながりが、小さなことになってしまったなんて。

でも。
でも、でも、でも、慶一さん!

主なくとも 梅は咲く ならば 
いても いなくても 同じじゃないか


いてもいなくても同じ。そうなのかもしれないけど、
ならば、いてくれてもいいじゃないですか。
むしろ、いてよぉおおお!


未だに、ワタシは、往生際が悪いです。
1年後も、3年後も、10年後も、15年、20年…待ってます、復活を。

ムーンライダーズは、解散してない、活動休止。

moonridersは、解散してない、活動休止。


大切なことなので、2回言いました。



たとえ、慶一さんが「元ムーンライダーズの…」と口を滑らせても、

ムーンライダーズは、解散してない、活動休止。

moonridersは、解散してない、活動休止。


大切なことなので、もう2回言いました。(キッパリ)















うん。

大寒町に雪降る頃は
もうじきだね 呼んでみようよ

輝け星よ 月よりも
あの娘の幸せ 照らし出せ


ムーンライダーズ「大寒町」を口ずさみながら、昨夜の雪を眺めておりました。

可愛いあの娘と 踊った場所は
今じゃ場末の ビリヤード


可愛い6人のおじさまたちと 歌った場所は…(指折り数える)

渋公、日清パワステ、新宿リキッドルーム、FACE、渋谷・名古屋クラブクアトロ、ボトムライン、SHIBUYA-AX、赤坂ブリッツ、BYG、O-west、新宿ロフト、ZEPP TOKYO、なんばHATCH、梅田バナナホール、小岩井農場、メルパルクホール、恵比寿ガーデンホール、PLEASURE PLEASURE、JCBホール、フジテレビ、NHK、渋谷・新宿HMV、渋谷・新宿タワレコ、

えーっとまだまだあるな、でも忘れたな…

そして、2011年12月31日、高円寺HIGH。



……(涙)


♪輝け月よ~、星よりも~!
ムーンライダーズの6人の幸せと健康を照らしだせええ~


ムーンライダーズをご存じない、白猫や燕チームがお好きでアクセスしてくる皆様、いつまでも訳わかんないことでぐだぐだと記事を上げてすみません。

心の整理が未だつかない(多分、一生つかない)ので、ついつい心の叫びを書き起こしております。
私の心模様によると、この状態はまだまだ続く模様です。

プロフィール
HN:
kawoossan
性別:
女性
自己紹介:
kawoossan:白猫月子(つーさん)の下僕。

月子(つーさん・♀):雑種の駄ネコ。下僕に厳しく、自分に甘く。
最新コメント
無題(返信済)
(04/23)
無題(返信済)
(04/09)
(04/09)
無題(返信済)
(04/03)
無題(返信済)
(04/02)
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
3 4 5 6 7
9 10 12 13 14
16 20 22
26 27 28 29
30
本棚
ブログ内検索
アクセス解析
バーコード
フリーエリア
最新トラックバック
※ 忍者ブログ ※ [PR]
 ※
Writer 【kawoossan】  Design by NUI.T  Powered by NinjaBlog