忍者ブログ
白猫・月子に振り回される毎日。でも、愛してるぅ~~!だから全部許す(笑)。 “ヤクルトスワローズ(燕さんチーム)”“ムーンライダーズ”もちょっとあります。
HOME ≫ Category 「ムーンライダーズ(日本最古のロックバンド)」 ≫ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
2013年1月19日(土) 渋谷シネクイントにて。

一週間前、たちの悪い風邪にやられて体力ガタ落ちだったので、スタンディングライブだったら多分序盤にひっくり返っていた。
ありがとう、シネクイントの椅子!
とーっても座り心地が良かったわん♪

まずは、東京中低域のライブからスタート。
「あのライブも、東京中低域から始まったっけなあ~」などと感慨にふけりながら拝聴。
しばしの熱演の後、上映スタート!

いやー、音がいい!映像が綺麗!
(あれ?こんなにいいライブだったっけ?←無茶苦茶失礼)

ムーンライダーズのメンバー、カッコよすぎるぞ~!
今回は、全員クールな感じで、笑顔はあまりなし。
特にかしぶちファン垂涎の?演奏中の目配り(流し眼?笑)が超絶セクシーですよ。
その他、岡田さんの華麗な指さばきがたくさん見られます。

そして何より第一に、慶一さんの歌が安定している(笑)。さらにさらに、慶一さんが楽しみつつも、非常に気を張っているのが、映像と音を通してありありと伝わる。
あれだけ豪華なゲストが入れ替わり立ち替わりだものね。進行と演奏と歌と…そりゃ大変だっただろうさ、と思いをはせる。

ああ、やっぱり慶一さんだよなー。
ワタシをムーンライダーズという幸せな泥沼(笑)に引きずり込んだその歌声。

ずっと聞き続けてこられてありがたいことです。
どうか、しばしの休息後、また、ムーンライダーズの鈴木慶一として、新しい歌をつくって!

慶一さん、大好きー!(涙)

上映後は、慶一さんとあがたさんのトークショー。
あがたさんは、相変わらずダークでタイトなスーツ+帽子で軽やかダンディー。

慶一さんは…
また恰幅が良くなりましたね?
総髪の白髪+赤いセーターに包まれたむっちりボディは、例えるなら

遅刻したサンタクロース。


今まで見てきた中で、1、2を争うくらいの太り方ですよ、慶一さんっ!
何が心配って、アナタの健康ですよぉおおお!!!お願い、夜中とか徹夜明けにラーメンやカツ丼食べるのやめてえええ(悲鳴)。

トークショーでは、色々と興味深いお話しが繰り広げられましたが、

「矢野顕子さんに、『実は、矢野誠さんも出演するんです』とどうやって言おうかと…胃が痛かった。で、スカイプで出演依頼したんだけど、それを言ったら、矢野顕子さんは『まあ、それは楽しそう』でおしまい(笑)」

「『火の玉ボーイ』は、白井はシタールで1曲参加しただけだから、このライブでは非常に気を遣って(笑)。ギターソロは必ず一番最後に(笑)」

「あがたが外に引っ張り出してくれなかったら、今頃はレコーディングエンジニアか映画の音響効果(音効さん)になってた」

「あがたから学んだことは、アルバムプロデュースは、いかに(演者の)妄想を形にするかということ」


慶一さんは、こんなことをおっしゃってました。


今回上映されたのは、ライブの第1部だけでしたが、何らかの形で続きも出したい、「つまり、買ってくださいってことですが(笑)」と慶一さん。

買うがな。買いますとも、それがマニアの受難だから。

PR
ワタシの愛するムーンライダーズの、ワタシの愛するくじらさんこと武川雅寛さんの62回目のお誕生日の本日12月21日。
ちまたの一部ではマヤ歴関連で「世界が滅びる日」などといってますが。
まあ、いつかは滅びますけどね。多分今日じゃないと思います。

そんな冬の寒い日、頭の中で「蒸気でできたプレイグランド劇場で」の前奏が流れていたのです。
大好きだけど、聞くと泣いちゃう曲。

はあ~。去年の今頃も虚脱感一杯だったなあ。

などと思いをはせながらiPodを“曲をシャッフル”状態で聞き始めたら。

いきなり来た!
蒸気でできたプレイグランド劇場で」。

胸が痛くなりながらも、「やっぱりいい曲よね…」。

そしたら次!
「6つの来し方行く方」!

慶一さんの、メンバーへのラブレターともいえる一曲。
うええええん…すでにワタシの心の堤防が決壊一歩手前に。

で。
3曲目でダメ押しキタ――――――!
「A FROZEN GIRL, A BOY IN LOVE」!!
(ガカンとリョウメイのライブバージョン)

ムーンライダーズの楽曲史上、おそらくNo.1のドストレートにロマンチックな歌詞の一曲!

なんで、会社の昼休みにボロボロ泣いてるのかしら、ワタシ…

ワタシのiPod!なんだこれは、何が狙いだ!
ワタシを泣かせて、ムーンライダーズの不在の辛さを思い出させてどうするんだ!
いや、ムーンライダーズの素晴らしさを再確認させてるな…やるなあ、iPod。
以下、twitterより引用

☆新春!ムーンライダーズ祭り大開催☆

火の玉ボーイコンサート第一部をたった1日だけ映画館で上映決定!開催日時:2013年1月19日(土)21時30分(終了予定23時30分)会場:渋谷シネクイント
※ 終了予定が23時を過ぎるため、18才以下のかたのチケット購入が出来ません。

「火の玉ボーイコンサート」第一部を上映!映像と音を大迫力で!映画館での1日限りの上映です。東京中低域によるスペシャルLIVE、鈴木慶一のトーク(ゲストあり)、物販、プレゼント、などなど。ムーンライダーズファンのためのお祭りです!いろんな企画、考え中!ぜひぜひ、楽しみましょう!!

チケットのご購入は12月22日(土)より、シネクイントのHPで承ります。
渋谷シネクイント→ cinequinto.com 料金はライヴもトークもあって2800円!

お問合わせはinfo@moonriders.net まで! たった1日限りのプレミアム上映になります。





ぃいやっふぅ~~~~!!!
慶一さん~~!!
祭りじゃ祭りじゃ~~!!
18歳以下じゃなくてよかったああああああああああ!
♪ハイウエイ ドラ~イブ wow wow wow~




















スカイツリーと月。

9月22日くじらさんイベント@ムーンライダーズ写真展。
くじらさん+夏秋さんのミニライブにて、アンコールは予定外だということで、客席からのリクエスト「月夜のドライブ」を、というところで、突然、慶一さんが!

驚きと喜びにどよめく客席。
ワタシも「~~~!!(←声にならない喜びの声)」で涙目。

うわーん!慶一さんが歌ってるよぉ~!
くじらさんと一緒に歌ってるよぉ~!

くじらさんリードボーカル、慶一さんコーラスパートという、超珍しい「月夜のドライブ」。
ごちそうさまでしたっ!←?

そして、9月28日くじらさんソロライブ「Dregs of Dreams」@南青山MANDALA。
「月夜のドライブ」の演奏は、ライブの中盤。
とても素敵な演奏だったのに、突然、センチメンタルなスイッチが入ってしまった。
ああ、どうして、今、目の前にいるのがムーンライダーズじゃないんだろう…と。
(近藤さん、かわいさん、夏秋さん、ごめんなさい。)

ライブは始めから終わりまで、演者もお客も全員が楽しんでいる、いい雰囲気でした。
くじらさんは、ヴォーカルを取りながら、ヴァイオリン・トランペット・マンドリン、そしてギターと、相変わらずの八面六臂の働き者(笑)。

次のライブは、10月7日京都アバンギルド。行こうかどうしようか迷っている方は、行ってください!後悔はしないでしょう。

そうそう、これは絶対記録に残さねば。
アンコールの選曲が、超レア。
「ジェラシー」と、「薬屋さん」(!)。いやー、いいもん聴かせてもらいました。
ワタシの最も愛するおじさまバンド、ムーンライダーズ(ただ今、進化中につき、ちょっとお休み中)。

ついに、今週末、9月21日(金)、TOKYO CULTUART by BEAMS にて開幕!
メンバー参加(全員バラバラにだけれども)のイベントも、ほぼ毎週末あり!

9月22日(土)、イベントの先陣を切るのは、くじらさんこと武川雅寛さん!

武川雅寛 トーク&ミニライヴ 「『Dregs of Dreams』を語り尽くそう」
出演:武川雅寛、夏秋文尚 
開場14時30分 開演15時 無料
事前予約制(e-mail:info@moonriders.net)


写真展・イベントの詳細は、こちらに詳しいです。
といっても、ファンの皆さんは、twitterやらFBやらで既に情報を仕入れていることでしょう。
プロフィール
HN:
kawoossan
性別:
女性
自己紹介:
kawoossan:白猫月子(つーさん)の下僕。

月子(つーさん・♀):雑種の駄ネコ。下僕に厳しく、自分に甘く。
最新コメント
(09/19)
無題(返信済)
(09/16)
無題(返信済)
(08/14)
無題(返信済)
(08/07)
無題(返信済)
(08/04)
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 5 6 8 9
10 11 12 13 14
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
本棚
ブログ内検索
アクセス解析
バーコード
フリーエリア
最新トラックバック
※ 忍者ブログ ※ [PR]
 ※
Writer 【kawoossan】  Design by NUI.T  Powered by NinjaBlog