忍者ブログ
白猫・月子に振り回される毎日。でも、愛してるぅ~~!だから全部許す(笑)。 “ヤクルトスワローズ(燕さんチーム)”“ムーンライダーズ”もちょっとあります。
HOME ≫ Category 「実録!つーさんの毎日」 ≫ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
下僕は写真に撮られるのが苦手。

「写真とな?おお、魂を取られる、くわばらくわばら」←明治の迷信か!(ツッコミ)

どうにも自意識過剰みたいで自然に写ることができず、不審な様子になってしまうのです。

つーさんの写真はアホみたいに撮影しましたが、下僕が一緒に写っているものはほとんどありません。



こんな風に下僕の手や足が部分的に写っているものではなく、いわゆるツーショット写真というやつ、撮っておけばよかったなあ。
少しだけ後悔しています。

みなさま!おすすめします。沢山のねこさまの写真や動画に、ご自分やご家族も一緒に写りこんでおきましょう!
一緒に過ごした確かな証として、金銀宝石以上の宝物になります、間違いなく。


PR
もう一週間。まだ一週間。
早いような、永遠の時間を過ごしてきたような。

朝起きて、まずトイレのチェック。「おはよう」と声をかけて姿を探す。
習慣というのは、なかなか改まらないものです。

トイレはきれいに掃除をして、近日中にほかの品物と一緒に保護団体にお譲りします。
保護ねこちゃんたちのお役に立つんだよ、つーさん。

下僕は今日も、お花のお水を取り替える時に、花瓶(正しくは急須)をひっくり返した。
やるな、やらかすな、と思いながら、やっぱり手元がすべってジャバ~~っと。
懲りない下僕。2日に1度はやらかしています。アホである。

つーさん、笑ってくれ。
こんな感じで。

にゃっは~~~!
生前のつーさんの最後の写真。


やっぱり世界一可愛いなあ。
小さく軽くなった体を撫でたり抱っこしたりするたび、拾ったばかりの頃はこのくらいの軽さだったかな、と一緒に暮らした日々に思いをはせたり、
ふわふわの毛の奥にゴツゴツとした骨が浮くほど痩せても懸命に生きていることを、ありがたく思うと同時にひどく切なく感じたり。

もっと早く病院に行って詳細な検査をしてもらっていれば、とか、少しでも長く一緒にいたいというエゴで、投薬や対処療法で無駄な苦しみを与えてしまったのでは、とか、最後の日も仕事を休んで一緒にいればとか、そもそも私が拾わずに別の人と出会っていたらもっと幸せだったのかもとか、考えても答えの出ないことばかりを繰り返してしまいます。

残った品物や処方食の譲渡先をテキパキと決めたり、会社では笑顔で仕事をしたり、自分はひどく残酷で情の薄い人間なのかもしれない。そのくせ、ぐずぐずと涙を流しながら、自己弁護みたいなブログを更新して、みなさんの同情を買おうとしているのか、私。

スミマセン、みなさん。

つーさんは真っ白だったから、何色のお花でもよく似合うね。
花瓶のない我が家なので、マグカップやら急須やらに生けるという無粋さよ。
マグロのお刺身と、昔、台所のカウンターに飛び乗ってまで盗み食いした、ニンゲン用の鯖缶。
もう下僕は叱ったりしないよ。好きなだけ食べてねつーさん。


18時45分頃、つーさん、旅立ちました。
ワタシが仕事からつーさんのところに帰ってくるまで、待っていてくれました。

最後の最後まで、つーさんは、偉かった!

つーさんと過ごした16年間、ワタシは髪の毛一本からつま先まで、丸々、幸せだったよ。
ずっとずっとずーっと、ワタシはつーさんの下僕。これからもずーっと。
つーさんも、ワタシと暮らした日々を、「まあ、悪くなかったわね」と思って、旅立ってくれたのなら、いいな。

ブログをご覧いただいていた方々、励ましのコメントを頂戴した方々に、ご報告と御礼を申し上げます。

6/6(水) 朝、4時30分頃、ちょっと動くのもしんどいのに、自力でトイレに行く。
つーさんのトイレは、入口をまたがなきゃいけない形。もっと早めに楽に入れるものに替えておけば良かった。今更後悔。

風が通ってお好みだった台所と部屋の境目。毎日、お殿様が脇息に持たれながら「良きにはからえ」みたいなポーズでくつろいでいた場所。そこでへたり込む。

つーさん、トイレに行って偉いねとほめながら体を撫でる。

その後、床と棚の間に入り込こんで横になっている。 その場所の奥の端っこに、梱包用のセロテープ(ちょっと大きいやつ)が1つたまたま置いてあって、そこにあごを載せると体が楽みたい。
そんなものまで上手に利用するつーさん、やっぱりすごいなあ。天才美少女現る、だよ!


ひとなめでもご飯を、と下僕、腹ばいになって棚の下にもぐってご飯を差し出すけど、やっぱり食べたくないようです。

フラフラしてるのは貧血。食べれば少しはましになる。15mlの水分輸液だけでは……

つーさん、まだ毛づやもいいんだよ、痩せたけど骨と皮、とまではいってない。飲まず食わず、苦しいはず。
でも、嫌がるところを引っ張り出してご飯をねじ込むことは、どれだけのストレスとなけなしの体力に負担なのか。

無理にでも食べさせる?無理しないで自然に任せる?
プロフィール
HN:
kawoossan
性別:
女性
自己紹介:
kawoossan:白猫月子(つーさん)の下僕。

月子(つーさん・♀):雑種の駄ネコ。下僕に厳しく、自分に甘く。
最新コメント
無題(返信済)
(07/09)
無題(返信済)
(07/08)
無題(返信済)
(06/28)
無題(返信済)
(06/25)
無題(返信済)
(06/21)
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
2 3 5 6 7
9 10 12 13 14
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
本棚
ブログ内検索
アクセス解析
バーコード
フリーエリア
最新トラックバック
※ 忍者ブログ ※ [PR]
 ※
Writer 【kawoossan】  Design by NUI.T  Powered by NinjaBlog