忍者ブログ
白猫・月子に振り回される毎日。でも、愛してるぅ~~!だから全部許す(笑)。 “ヤクルトスワローズ(燕さんチーム)”“ムーンライダーズ”もちょっとあります。
HOME ≫ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
「あー、家に帰ったら8時半過ぎだー。晩御飯作るのだりぃー」
ということで、モスバーガーに立ち寄り。
ライスバーガー海鮮かき揚げ・オニポテセット・ホットコーヒーという、マイフェイバリットセットを頼んで、渡された番号札を受け取る。

さて、銀行や郵便局の順番札やキャッシュコーナー、銭湯やロッカーのキー、その他、番号が発生するところ、燕チームの背番号あり。
みなさんもそうじゃないですか?
ちなみにワタシが主に狙うのは「1」、「5」(川端というよりは土橋)、「6」、「17」(成瀬というよりは川島亮)、「19」、「25」、「33」。うーん、ベテランひいき。

さて、今日受け取ったモスの番号札は「8」。

武内か。
すっかり守備固め要員と化して、正直今シーズンは(というよりここ数年は)当落線上にいるけど、今年は智辯和歌山が甲子園で健闘したし、試合に出たらやってくれるよね?頑張れ~!

などど願いながら、晩御飯を済ませて家に着き、試合結果を確認。

…負け試合か。でも2点取ったのねー、え?

武内ぃ!!
粘りに粘って、押し出し四球を勝ち取ったのね!素晴らしい働きじゃないですか!
ワタシの祈りが通じて、1点もぎ取ってくれた!
貧打極まる状態だけど、押し出しだろうが敵失だろうが振り逃げだろうが、かっこ悪くてもとにかく点を取る、という姿勢が欲しいのよ!
ベテランの意地を見せつけてくれて、ありがとう武内!
この泥臭さを、みんな見習ってくださいな。振り回すだけが能じゃないのよ。



にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
PR
戦う意味とか意義とか目標とか何にもなくなって、心はオフに飛んでるんでしょうけど、シーズン終了まではもうちょっとあるのよねー。
他チームにとって「ヤクルト戦?単なるボーナスステージ!」と思われて、悔しくないのか! って、もう悔しくもないんだろうけどさー。
最後の最後、その1勝がセリーグの成績を左右する、そんな存在になれるんだからさー。

イシカータン見殺し打線よ。打てないだけでなく、エラーまで。
どうにもならんな、まったく。

200勝の可能性がある、現役では数少ない名投手だというのに。
もっと強い球団に入ってたら(もともと指名される予定だった某とか)、とっくに達成してたかなあ……哀しい気持ちでいっぱいです。




にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
ヤクルトの勝率は約3割(ダジャレではない)。
計算上は10回に3回は勝てるはず、なんですけど……

どないなっとんねーーーーーん!!
ってか、ワタシのせいなの?ワタシのせいで負けた?うわーん!




今年はこのまま、一度も勝ち試合を観戦できずに終わるのか?それはそれでおいしいか?いやおいしいかもしれんが、辛すぎるぅう~!

つくづく、7回表の失点がねえ。3点くらいでおさめられたはずなのになあ。
あまりに7回表の攻撃が長くて、氷川きよしに申し訳なかったです。ごめんきよし!7回裏の東京音頭、上手かったなあ。

ブキャナンを7回ひっぱったのは何でかなあ。傷を広げるだけ広げてから代えてもなあ。
あと、内野のお見合い。打ち取ったのに、あれじゃ投手がガックリきちゃうよ!声かけてあって!奥村くん集中して!

雑感。
中村ムーチョは、今年のチーム成績や監督退任に対して、責任を感じているんだろうな。あと、坂口も。守備・走塁・打撃、二人は集中してる。もともと好きな選手たち(ってか嫌いな選手はいないが)ですが、今日は改めて惚れなおしたよ!
坂口のスライディングキャッチとか、ムーチョのスリーベースとか、それだけでも、見に行った甲斐がありました。

7回に三振した山崎くん。2番の役割考えようよ。せめて自分が倒れてもランナーを進めなきゃ!雄平が帰ってきたら戸田に逆戻りですよ。

代打で簡単に凡退した上田、三球三振の西浦。レギュラー獲得にまたとない機会なのに、1軍半で終わっていいの?特に上田!なんだか今のままで適当にやっていくつもりに見えますが、胡坐かいてると足元すくわれるぞ。

山田は具体的な故障情報はありませんが、あちこち悪いんでしょうね。可哀想だけど、出場するからにはもっと打たないと。いっそ打順を下げてやってくれないか。

荒木はきれいなアーチ、バレンティンはギューンと伸びていく弾道。タイプの違うホームランが見られて幸せでした。野球の華だねえ。

それにしても、今年の試合を見るにつけ、川端・畠山・雄平は一流なんだなと痛感しますね。

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
まだシーズンは続くとはいえ、進退をはっきりさせて、少し肩の荷が下りたのでしょうか。
球団側としては2013年・14年の小川さんのように、次の監督につなぐために、いい方は悪いですが、あと1年泥をかぶってもらいたかったようですが。

「もう1年引き受けたとしても(中略)、勝つ自信がない」とまで言わせてしまったことを、球団も、スタッフも、コーチも、もちろん選手も、受け止めなければなりません。

選手時代からずっとヤクルト球団一筋(FA宣言はしたけど)の生え抜きで優勝監督ですからね。フロント入りの道もあったでしょう。退団を選んだところに、彼の意地と誇りの高さを感じます。

打撃コーチとしても、(コマさえそろっていたら)監督としても優秀だと思うので、数年後、他球団のユニフォームを着てヤクルトの前に立ちふさがる壁になるかも。

若かりし頃の俊足巧打、あの大回転打法、代打の神様としての活躍、色々と思い出します。
まさか監督になるとはね。そのうえ優勝して胴上げを見せてくれるとは、思いもよらなかったわ。


♪打てよ真中 走れ狙え 右中間 左中間
♪気合い乗せて 飛ばせ 見せろ 自慢のパンチ力

かっとばせー!真中!!

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
プロフィール
HN:
kawoossan
性別:
女性
自己紹介:
kawoossan:白猫月子(つーさん)の下僕。

月子(つーさん・♀):雑種の駄ネコ。下僕に厳しく、自分に甘く。
最新コメント
無題(返信済)
(10/24)
無題(返信済)
(10/16)
無題(返信済)
(10/15)
無題(返信済)
(10/10)
(09/19)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 17 18
20 21 22 24 25
26 27 28 29 30
本棚
ブログ内検索
アクセス解析
バーコード
フリーエリア
最新トラックバック
※ 忍者ブログ ※ [PR]
 ※
Writer 【kawoossan】  Design by NUI.T  Powered by NinjaBlog