忍者ブログ
白猫・月子に振り回される毎日。でも、愛してるぅ~~!だから全部許す(笑)。 “ヤクルトスワローズ(燕さんチーム)”“ムーンライダーズ”もちょっとあります。
HOME ≫ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
圧勝のはずがなぜか首の皮一枚の勝利。


自分の防御率を犠牲にして石山にセーブ王を取らせようという思いやり?←違う
若い衆のやらかしを、眉一つ動かさずに挽回する守護神、カッコいいっす。まあ石山もね、色々とやらかしてきて今があるんだから、梅野くんもたくさんやらかしたらいいさ。
しかし、アレだね、スタメンが引っ込んでからの打てなさ加減。まだ若い衆とおじさんたちとの差は大きいな。

今日はいろいろありました。
ブキャナンの10勝、山田哲人の盗塁、バレンティンのホームラン・打点、石山のセーブ。



ベースボール犬わさびちゃんの引退ご挨拶。可愛かったなあ。



そして。
20と21の最後のブルペン。



山哲は顔からうなじから、こんがりと日に焼けてた。神宮でより戸田で過ごすことになった長い長い時間を思った。2度のトミージョン手術とリハビリの日々を。
そのブルペンを見守っていたゴリ。きっと誰より山哲の気持ちがわかっていたでしょう。

マツケンの半そでを見るのも最後なのかと思うと、やっぱりグッときますね。弱気だった先発時代、ブレイクしたツバめ組・MOL時代。全盛期を過ぎても敗戦処理からロングリリーフ、谷間の先発まで、本当に良く投げてくれました。
2人とも、まだ140キロ台のいいボールを投げられるのにな。

華々しいセレモニーと温かい拍手に送られて去る選手もいれば、どんなに華麗な球歴を持っていてもひっそりと去っていく選手もいる。



ファンにできることは、愛すべきすべての選手たちの野球人生に悔いが残らないことと、その後の人生に幸多かれと願うことだけだな。








PR
※愚痴記事ですのでご注意

つば九郎すごいなあ。



中の人は40代半ばくらいでしょうか。(中の人などいない)
年齢が上・同年代の監督コーチはもちろん、息子くらいはるか年下の選手とも仲良くなる。野球という共通の話題があるとはいえ、異常なコミュ力の高さよ。
ブログを読むと、気配りや頭の良さも感じられるしなあ。中の人には年齢なりの屈託もあるでしょうが、「つば九郎」というキャラを崩さないところがプロ。(中の人などいない)

年齢が近い(であろう)こちらとしては、余計なことながらも彼の体や着ぐるみを脱いだ後のキャリアに思いをはせたりもするですが、地力で道を切り開けそうな賢さとたくさんの「おとももち」という宝がある。それが何より素晴らしい。(中の人などいない)

ワタシも学校卒業してから右往左往しつつもずっと働き続けてきたのですが、ふと振り返ると積み重ねてきたものって、ないなあ。キャリアも家族もお金も人脈も。
ないないづくしでも、細々と生き続けてきたけど、これから先どうなるかなあ。

せめて友達だけでも大切に、と思ってきたけど、ワタシは典型的な「誘われない人」。
友人知人との数少ない外出って、ほぼこちらから誘っている。
何故だ~~~!
誠実にお付き合いしているつもりでも、友人知人の「会いたいな、誘いたいな」選択肢に入れないのは、こっちに問題があるんだろうなあ、くぅ(泣)。

一人で野球に見に行ったり、ライブ行ったり、映画見たりすることも楽しいけれど、あーだこーだと言い合える人たちが一緒だとまた違った楽しみがあるんですが。ワタシと一緒だとそういうのは感じてもらえないのかなあ…グチグチ。

つば九郎は、こんなことグズグズ考えてる間に誘うし誘われるんだろうなあ。やっぱり中の人、すごい。(中の人などいない)
3度目のトリプルスリーという、とんでもない記録を更新しそうな我らが背番号1、山田哲人くん。
とんでもない記録なのに騒がれないのは、その辺にいそうな兄ちゃん然とした外見のせいか、世間的に注目されない東京ヤクルトスワローズ所属だからか。ごめんなあ。

10/7時点で打率3割1厘、ホームラン34本、盗塁32。
2位が確定してからは休養や途中交代が増えましたが、それまではほぼフル出場。単年で考えてもしんどそうなのに、1軍に定着した2014年から4年間続けているだけでなく、シーズンオフにWBCなどの国際試合にも参加しているのだから、疲労も蓄積するし怪我の不安も増すというもの。

そんな中で、3度のトリプルスリーですよ!もっともっと称えられていい成績です。
とんでもない記録なのに(以下、3行目に戻る

でも、個人タイトルというところでは、おそらくホームラン王はベイのソト、打点王はココちゃん、打率はビシエド。本人はそんなにタイトルに興味がないようですけれど、一番自信のある足で球史に記録を残して欲しいです。

自分のために、貪欲になろう。走れ、哲ちゃん!
鯉の田中が今、同数で並んでいるけれど、単独で盗塁王を取るんだ!王の座を渡すな!
はあ。
スワローズクルーのCS先行抽選、落ちました。
2015年のCSは2試合も取れたというのに(泣)。

おっかしーなあ。ついこの間まで、不人気といえばヤクルト、ヤクルトといえば不人気だったのに。←ものすごい失礼



ねえ。

去年は恥辱にまみれた燕の子たちが気合いと根性で勝ち取った挑戦権。
彼らの晴れ姿を神宮で見たかったよー。

しかしすでに転売されているようで、イラっ。
転売用にFCに入っている人数も増えているでしょう。今後、明らかにそれとわかる場合は転売できないようにする対策を取れるようになるといいなあ。
↓ 東京ヤクルトスワローズ・フロントの気持ち



由規ぃいいい(泣)
久古、古野、成瀬、菊沢、比屋根、大松、鵜久森ぃ、うぇえええええ(泣)
一人一人に色々な思い出があって、語りつくせない。別れがつらい。ツライです。

同日、2位確定。
2017年96敗から、スワローズライジング、再起!
 


何だこの振れ幅の大きすぎる1日は。
泣くべきなの?笑っていいの?どうすりゃいいんだい?


笑いながら泣けばいい? 竹中直人リスペクト!!(何故?)



プロフィール
HN:
kawoossan
性別:
女性
自己紹介:
kawoossan:白猫月子(つーさん)の下僕。

月子(つーさん・♀):雑種の駄ネコ。下僕に厳しく、自分に甘く。
最新コメント
(11/18)
無題(返信済)
(10/31)
無題(返信済)
(10/22)
(10/14)
無題(返信済)
(10/13)
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2
5 6 7 8 10
13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
本棚
ブログ内検索
アクセス解析
バーコード
フリーエリア
最新トラックバック
※ 忍者ブログ ※ [PR]
 ※
Writer 【kawoossan】  Design by NUI.T  Powered by NinjaBlog