忍者ブログ
白猫・月子に振り回される毎日。でも、愛してるぅ~~!だから全部許す(笑)。 “ヤクルトスワローズ(燕さんチーム)”“ムーンライダーズ”もちょっとあります。
HOME ≫ Category 「ワタシの猫たち」 ≫ [1] [2] [3] [4] [5]
ワタシの実家は、いわゆる東京のベッドタウンなのですが、もともと農家が多かった土地。
つい数年前まではすぐそばに果樹園や畑があったような田舎です。
山を切り開いた古くからの住宅地で、両親も含めて住人の年齢層も高め。
そのせいか、飼われていても外に遊びに出てくる猫が多いです。
そのため、縄張り争いも勃発することになるのです。

両親は庭先にひょっこりと現れた野良くんに、「風(ふう)ちゃん」という名前をつけました。
病院に連れて行き予防注射やノミよけの薬を与え、一日3食、食事の準備をし、雨の当たらない軒先に段ボールで寝場所を作って可愛がっていました。

ハンサムボーイ、風ちゃん。

本当は、家に入れて飼いたかったのですが、かなりのビビりなのと、先住猫の「海(かい)ちゃん」が許さなかったので仕方なく、半野良のまま3年。

風ちゃんがここ数週間、ご飯を食べにやってこないと母親からメールが届きました。
近所の飼い猫である雄猫が、我が家の狭い庭や屋根に出没しており、風ちゃんともやりあっていたとのこと。何度も父親が仲裁に入っていたそうです。

風ちゃんはそいつに縄張りを奪われてしまい、新天地を求めて旅立ってしまったのでしょうか。
猫の活動範囲には交通量の多い道路もあるので、交通事故にでもあってしまったのか。
それとも、新しいおうちを見つけて暮らしているのか……それだといいのですが。

風ちゃーーん!帰っておいでよー!
母親はベランダに置いた長靴を風ちゃんと見間違うほど、待ってるんだよー
父親は「風がいないと缶詰が減らない」とブツブツ言ってるよー

幸せに暮らしているならいいけれど、そうでないなら、帰っておいでよー

←ぜひ「ポチっとな」。にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
PR
実家の猫、海(かい)ちゃん。
1999年の12月生まれのOLD LADYでありながらも、そのガキっぽい…失礼、若々しげな外見と、びびりの甘ったれ…失礼、無邪気な性格で、両親を虜にしているのですが。




















昨日、久々に実家に帰って顔を見たら、鼻息が「すぴーすぴー」。鼻炎だそうです。
そういえば皮膚に炎症起こしたり、ハゲつくったり、アレルギー体質っぽかったっけ。

ワタシの魔の手から逃れようと(笑)、部屋のあちこちうろうろして家具の後ろに潜り込んだりしていましたが、

「げっへっへええ~、海ちゃぁああん、抱っこさせろやぁあ」というワタシの激しい愛←?により、とっつかまったのでした。

抱っこしてふと顔を見ると、両目の表面が膜がかかったように白濁していました。
…白内障?
でも、行動を見ると視力には(今のところ)問題がなさそう。
眼球のふちに白濁していない部分も残っているので、何か目に入ったのかもしれませんが、それだと両目ともというのは変。
アレルギー症状のひとつかもしれません。

両親はこの目の異常には気付いてなかったようで、今日病院に連れて行くとのことでした。
雨降っているけれど、連れて行ったかしら…

元気そうに見えても、人間年齢に換算すると70代後半(なんとまあ、両親と同じ年代だわ)。あちこちに不都合が出てくるのも仕方ないですが、できるだけ健康で長生きしてくれ、海ちゃん!両親のためにも、頼む!

←ぜひ「ポチっとな」。にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
開口一番、母は「雪ちゃん!」と叫んだものでした。
2001年の1月、ワタシが連れて帰ったちいさなちいさな子猫を初めて見た時のこと。




白くて耳と目ばかり大きかった子猫はすっかり大きくなって、お腹ぽんぽこりんの実家一の権力者(笑)。

ワタシがもらってきたんだから名付けはワタシの特権!とばかりに、「雪ちゃん」を却下して、岩合光昭さんの愛猫から拝借して「海ちゃん」になりました。

こんなに愛してるのに、たまに実家に帰るとすっかり嫌がられているワタシです(悲)。
セク腹するからだよね~



















つーさんも真っ白だから、「雪ちゃん」って名前でもよかったのにね。

初対面の時、まんまるのお顔の印象が強かったので「月子」(出会った日がものすごい大きな満月だったのもあり)なのよね~

多分、つーさんが来てからワタシが一番多く喋った言葉は「つーさん」だと思います(笑)。
愛猫の名前(あだ名だけど)を呼べるって、幸せだなあ~

お気に召していだだけたら、
↓ぜひ「ポチっとな」。
にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
実家のお庭にやってくる、風ちゃんです。
非常にイケニャンです。





両親は、飼ってやりたいと思っているのですが、そこで問題になるのが、このお方。

















家庭内に君臨する女王、海ちゃん(13歳)。

自分は先住猫のフクじに散々面倒見てもらって可愛がってもらったくせに、その恩を風ちゃんに返そうなんてことは、彼女の頭にはひとっかけらもナッシング。
まあ、それがとっても猫らしいともいえますが。

両親が風ちゃんを部屋に入れようと画策するも、海ちゃんの逆鱗に触れるため、庭にダンボールで雨露しのげるおうちをつくるのが精いっぱい。

ところが、そのダンボールのおうちには、別の猫が入り込んでしまい、警戒心の強い風ちゃんは入らなくなってしまったとか。

季節は冬。
世界にあふれる外猫ちゃんたちは、厳しい思いをしているのだろうな…
ああ、ワタシが世界の王様だったら、こんな命令を下すでしょう。

全ての猫様に、専用の膝を支給せよ!

わが身が世界の王様でないことが、憎いっ!
どうか、この冬、多くの外猫ちゃんたちが、暖かなねぐらと元気に暮らせる分の食べ物を得られますように…

お気に召していだだけたら、
↓ぜひ「ポチっとな」。
にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ











そちらは、どうですか?

初代ちいことは、仲良くしていますか?
2代目のあなたとそっくりの美人白猫でしょ?
初代ちいこのすんなり長いしっぽをうらやましがっていませんか?
あなたの中途半端な長さの、いや短さのしっぽは、あなただけのチャームポイントですよ。でも、初代ちいこの義理堅く心やさしい性格は、ちょっと見習って欲しいな。

弟分なのに随分と先にそちらに行っていたごまめには、やっぱり先に行っていた茶トラハンサムのアカコと、教育の続きをしてあげていますか?
それともこっちにいたときと同じように、3匹でつるんでいたずら三昧かな。

あなたの後釜だった、巨大茶トラのフクじも仲間に入れてあげている?
あなたは向こう気が強くてけんかっぱやいから、フクじに攻撃を仕掛けていないか心配です。フクじはおっとりしてるけど、実は敏捷で狩りも上手いんだからね。逆襲を喰らうよ。

私を猫好きにしたのは、初代ちいこですが、私の人生を「白猫がいることが当たり前」にしたのは、あなたです。
あなたがそちらに行ってから、2年以上も「当たり前」じゃなかったけど、初代ちいこがそちらに行った後、あなたを私たち家族に遣わしたように、ちゃんと私のところに、3代目白猫のつーさんを贈ってくれた。
つーさんは、元気に毎日私を振り回していますよ。あなたのように。

親愛なる2代目ちいこ様。
あなたがそちらに旅立ったあの日から、もう11年です。
あの日と同じ、綺麗な冬の青空が私の上に広がっています。

お気に召していだだけたら、
↓ぜひ「ポチっとな」。
にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
プロフィール
HN:
kawoossan
性別:
女性
自己紹介:
kawoossan:白猫月子(つーさん)の下僕。

月子(つーさん・♀):雑種の駄ネコ。下僕に厳しく、自分に甘く。
最新コメント
無題(返信済)
(11/12)
無題(返信済)
(10/29)
無題(返信済)
(10/20)
無題(返信済)
(10/14)
無題(返信済)
(10/08)
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
本棚
ブログ内検索
アクセス解析
バーコード
フリーエリア
※ 忍者ブログ ※ [PR]
 ※
Writer 【kawoossan】  Design by NUI.T  Powered by NinjaBlog