忍者ブログ
白猫・月子に振り回される毎日。でも、愛してるぅ~~!だから全部許す(笑)。 “ヤクルトスワローズ(燕さんチーム)”“ムーンライダーズ”もちょっとあります。
HOME ≫ [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14]
はい、ヤクルト点が取れない。


今年のオープン戦は、山田・川端・バレンティンを欠いた状態にしては善戦しているとみる向きもありますが、それにしても併殺多すぎでしょ。
今年は投手陣の頭数が(今のところは)そろいそうなので、ちゃんと点を取れれば勝てるのよ!
頼むよ、本当に。


今日は高校野球と大相撲が手に汗握りすぎて、もう大変よ。
まず高校野球、3試合中2試合が延長15回引き分け再試合とか、前代未聞よ!

福岡大大濠と滋賀学園の再試合は、当初の予定では明日の第四試合予定だったのが、まさかの健大高崎対福井工大福井も引き分け再試合になったおかげで、明後日の予備日を使うことになりました。
1日延びて本当によかった。選手たちみんな、疲れてヨレヨレだったもん。休ませてあげないとどんな怪我をするかわからん。

それから大相撲春場所。
左肩を痛めた稀勢の里が、2度の照ノ富士との直接対決を制して優勝。
横綱になって初めての場所、かつ怪我をするまで全勝していたから、横綱の責任としても、怪我がひどくても休場は考えられなかったのでしょうが、危険な賭けでした。
それにしても照ノ富士はやりづらかっただろうなあ。自分だって優勝のチャンスだったもん。

高校野球も大相撲も、われら日本人にしみ込んだ「根性」「劇的」「感動」を好む心性を十分満足させるものでした。
でも、それって、一つ間違うと彼らの未来を担保に入れた残酷ショーを楽しんでることにもなりかねないのよ。

昭和の人間としては「昔ながらの」っていうのに弱いけれども、高校野球に球数制限や延長タイブレークを導入するとか、大相撲の公傷制度を再導入するとか、真剣に検討が必要でしょう。
にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
PR
桜の花がほころび始めた東京。春~!と思っていましたが、ながーい寒の戻り中。

先日、つーさんベッドを新調しました。
気温の低い床ではなくちょっと高い位置に設置したので、いい感じにエアコンの暖気が届くらしく、お気に入りの場所になりました。(部屋が片付いていないように見えるのは気のせいです。ええ)






退屈になると下僕の近くにきて、
「構え!」「撫でろ!」「やっぱ撫でるな!(ガッ!←噛む音)」「膝に乗せろ!」「でも触るな!(ガッ!)」「こっち見ろ!」「もう見るな!(ガッ!)」
やりたい放題とは、このことか……(泣)


春になると、窓辺で日差しをいっぱい浴びて過ごし、




お膝に来てください~~、ヘイカモ~~ン!!という下僕の希望は断固拒否。
当然、下僕のお布団にINして寝てくれなくなります。

つーさんにとっての春の訪れは、下僕を暖房器具として活用しなくてよくなること。

ということで、
下僕は、
冬ブラボー!冬よ永遠に!雪の女王よ、この地にカモ~~ン!
と、日々叫ぶのでした。

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
WBC準決勝については、とりあえず置いておいて。
今日の燕チームのオープン戦ですよ!
畠山!



↑ こんな感じのスイングで(かどうかは知らんが)、今季第一号ホームランが出たというじゃないですか!
良かったー全然調子が上がらなくてずっと心配していたんですよ。
ワタシ、ハタケびいきなんです(笑)。

先ほど、動画を上げていらっしゃる方のツイッターで拝見させてもらいました。低いフェンスの神宮ムランかもしれんが、でも、ホームランだもん。
塁を回る足取りがちょっと怪しいのは、アキレス腱に痛みがあるのかなあ……
あのフォームの下半身への負担は相当なもんなんでしょうね。仕方がないことですが。

開幕から絶好調、というわけにはいかないでしょうが(本人も「スワローズキッズアカデミー」で開幕には間に合わないかもって言ってました)、ケースバッティングもできて四球も選べる畠山がいてこそ打線の厚みも出るというもの。去年の悔しさを晴らす、大活躍を期待します!

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
WBC準決勝、オランダ対プエルトリコ。熱い総力戦でしたねえ。
っていっても、映像は全く見られなくて残念だわー。見たかったー!

バレンティンはいい投手がバンデンハークくらいしかいないと言ってましたが、なんのなんの、強打のプエルトリコを向こうに回して、十分な実力を発揮してましたよ。

オランダはタイブレークの末、負けてしまいましたが、下馬評から言ったら超・超大健闘ですよ。
バレンティンの成績ときたら、

打率6割1分5厘
HR4本
打点12



凄まじい……。
激走するバレンティン、一生懸命ライトを守るバレンティン、そんなの見たことないよ今まで!
最後に足をちょっと痛めた風でしたが、大丈夫かな?

これだけWBCで名前を売ったら、来年はメジャーからの引き合いもあるでしょうね。ヤクルトとは1年契約だし。うーん、寂しいが、それはそれで仕方ない。

今年、WBCで緊張感あふれる試合の数々を体験してしまったから、リーグ戦はぬるく感じてしまうかもしれませんね。頼むから燃え尽き症候群にならずに、70本塁打を目指すくらいのやる気を出して!

それにしても、ロマン対バレンティンが実現しなくて残念なような、ほっとしたような。
いや、まだ山田対ロマンの可能性があるのか……胃が持たない。

しっかし、メジャーリーガーいっぱいのアメリカに日本代表は勝てる?
今からマーくんかダルビッシュ来てくれないかなあ。無理だけど。




にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
NHKの朝の連続テレビ小説「ちりとてちん」で、徒然亭草若師匠を演じた渡瀬恒彦さんが亡くなったそうです。

師匠ぅううう~!

そーこーぬけに!悲しい。

2007年の後半から翌年春が放映期間だったのか、もう10年前か!
超ネガティブヒロインのB子の貫地谷しほり、アホで鈍感でワイルドな落語家・草々の青木崇高を中心に、登場人物が全員、かわいくておバカさんで愛おしくて、毎日泣き笑いしながら夢中になって見ていました。

物語のキーとなった落語「愛宕山」の名演技を思い出します。

B子とおじいちゃんをつないだのも、お父さんとおじいちゃんのわだかまりを解いて、おじいちゃんの臨終にB子家族を泣き笑いさせたのも、草々を落語の道に進ませたのも、「愛宕山」だったなあ。

ああ、もう一度最初からじっくり見たくなったぞ、「ちりとてちん」。




プロフィール
HN:
kawoossan
性別:
女性
自己紹介:
kawoossan:白猫月子(つーさん)の下僕。

月子(つーさん・♀):雑種の駄ネコ。下僕に厳しく、自分に甘く。
最新コメント
(05/28)
無題(返信済)
(05/23)
無題(返信済)
(05/12)
無題(返信済)
(05/10)
無題(返信済)
(04/23)
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
2 5
7 9 11 13
15 16 17 18 19 20
25
28 29 30 31
本棚
ブログ内検索
アクセス解析
バーコード
フリーエリア
最新トラックバック
※ 忍者ブログ ※ [PR]
 ※
Writer 【kawoossan】  Design by NUI.T  Powered by NinjaBlog