忍者ブログ
白猫・月子に振り回される毎日。でも、愛してるぅ~~!だから全部許す(笑)。 “ヤクルトスワローズ(燕さんチーム)”“ムーンライダーズ”もちょっとあります。
HOME ≫ Category 「カオッさんの“乙女”な日常」 ≫ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
28年くらい前に「ジーザスクライスト・スーパースター」、20年くらい前に「クレイジー・フォー・ユー」を日生劇場で見た以来の劇団四季の観劇でした。
四季劇場・春の印象は、「舞台、狭っ!」。
せっかく広大なアフリカのサバンナを舞台にした演目なのに、大小たくさんの動物たちが出てきてもダイナミックさにイマイチ欠けるなあ(奥行きはあった)。

ストーリーの事前知識は「『ジャングル大帝』パクリ問題でもめたけど、手塚プロがディズニーに敬意を表してなかったことに」、ことくらいしか知りませんでしたが、キャラクター設定そっくりじゃん!
それから故郷から逃げたシンバが、イボイノシシたちと暮らすのに昆虫を主食とするのは、レオが肉食獣が草食動物を食べずに生きるために昆虫を育てる設定を拝借してますかね? ただし、「ライオンキング」はストーリーが動物世界で完結しているけれど、「ジャングル大帝」は人間界との摩擦があって、より厳しい話。ヒゲ親父が生きるために泣きながらレオを食べるような壮絶な話は、ディズニーには無理だなあ。

ミュージカルの華、歌や踊り、めまぐるしく変わる舞台装置、動物や植物などを表現している衣装などは楽しめましたが、逆に言うと、歌や踊りに時間を割きすぎて、芝居部分というかストーリーにメリハリを感じられませんでした。さらさらっと流れちゃった感じ。
だから、ラスト「♪サークルオブライフ~~~」(じゃーん!)って、頑張って盛り上げられても、どうにも乗り切れませんでした。もう少しシンバの葛藤や過去と向き合うための踏ん切りとかの描写に時間を欠けて良かったんじゃないかと。

それから、子役の2人。歌は上手だったけど、台詞の「子役臭」(特にナラ)はもちっと何とかならないものかね。演出がOK出したんでしょうが、ちょっとなあ。

あと、大人になったシンバとナラの愛を表現した“ロマンチック”シーン、半裸の男女ダンサー踊りまくり、別の組も宙づりのシルクドソレイユ?的なあれは、ちょっとどうかなあ。思わず笑ってしまったあと、こっぱずかしくなりました。動物の扮装の方がしっくりきたかも。まあ、人間も動物ですけど。

こうやって感想をつらつら並べると、ひねくれてるなあ、ワタシ。
まあ、久々の生の舞台はやっぱりいいものです、ととってつけたようにまとめてみる。
PR
武者返しの石垣の威風。とても凛とした綺麗なお城だった熊本城。

火口の強烈なガスの臭い。火口はあんなにも恐ろしげなのに、遠くから眺めるとお釈迦様の涅槃像に見える美しい阿蘇の山並み。

空の下に広がる草原。牛や馬がのびのびと闊歩していた草千里。

一度しか行ったことがないけれど、熊本はとてもとても素敵なところでした。
ちょうどいい規模の城下町。街から少し行けば豊かな大自然。
熊本の人が自分たちの町を愛して誇りを持っている、そして、福岡にライバル意識を持っているのを、ほほえましくもうらやましく感じたことを思い出しました。ワタシには郷土らしい郷土がないので。


地震が憎いです。
誰を恨むこともできない、自然災害。理不尽のきわみ。
でも、ワタシ、なーんにもできない。
今、この瞬間、困ってる友人に手を貸すことができない。

ただただ、一刻も早く、余震収束しろ!国、自治体、警察、自衛隊、米軍、頑張ってください、と心で思うだけ。

落ち着いたら、そして、熊本と大分の日常が戻ってきたら、ほんの少しだけどお金を落としに、そして、2つの県がどれだけ素敵なところか、この目で確かめに行きたい。
日本の野球はまだ見てないよ。ふん。
でも、ツイッターが「成瀬飛翔」とか、「古野」とか、「寺田」とか、みなまで言わんでもわかっとる、っていうことをワタシに知らせてくるけどな。けっ。

あと、ロマンおじさんが心優しいツイートをしてくれていたのも教えてくれたっけ。
ホントにいい人(涙)。台湾でもう一花咲かせて欲しいです。

さて、メジャーでは、バーネットが青さんにやられるという、まさに「痛し痒し」状態な昨日。
青さんのあのヒットのバットコントロール、懐かしいわー。
バーネット、次は頑張れ。

そして、今日。マエケン、HR。

すげー!
「マエケンがHR」って言われたら、「ああ、初登板でメジャーの洗礼受けてしまったのか」って思うよね。特にどいつもこいつも飛翔する投手陣を誇る(笑)某球団のファンならなおさら。

マエケン、いっそメジャーで二刀流しちゃえよ!大谷の前にやっちゃえー!

まあ、でも、デビュー戦でいきなりHRで、後はからっきし、という某球団のショートもいるから気をつけて。(←毒舌)
インターネットは便利ですね。 地上波では夜の放映ですが、真央ちゃんのFSを見ることができました。

スタート前、深呼吸を数回するきれいな横顔に、すでに泣きそうになるワタシ。
最初の3Aを踏み切る時、「真央ちゃん、跳べ!」と強く祈る人も多いでしょう。ワタシもですが。観客を、“総親戚のおじちゃん・おばちゃん状態”にする選手です。
見事着氷した後はもう、勝手に涙がどばどばと。

あんなに優雅な滑りを見ながら感じたのは、「この人は、ずっと戦い続け、挑み続けてきたファイターなんだ」ということ。その孤高と孤独が、見るものの胸を強く打つ。

滑り終えた後のほっとした顔と笑顔に、また、おばちゃんはごーごー泣いてしまうのです。
良かった、良かったよぉ……
1つジャンプが2回転になってしまったけれど(全くジャンプの区別がつかないですが、苦手のルッツジャンプ?)、それがなんだ!順位など、点数なんかどうでもいいわ!(←暴言)

若い世代が台頭するなか、左ひざや腰など、体にも大層な負担がかかっている真央ちゃん。何やら進退についての憶測も流れていますが、真央ちゃんが決めたことならファンは受け入れるでしょう。



春ですなあ。
桜も満開、日差しも暖かく、街にはフレッシュマンがあふれる。
何か、「新しい」「始まる」というような雰囲気が社会に漂うこの季節。いいもんです。

でも、ワシは、全身を覆う倦怠感。腰が痛い。首が痛い。目がツライ。腹回りから太ももにかけてたるんでる。←最後は自業自得

草臥れている。

漢字で書くとよりいっそうすごいな、くたびれ感が。
精神面でもストレスマックスで、ヨレヨレよ。

今朝、シャチョーの訓示で「お互い思いやりをもって仕事をしましょう」って言われましたが、こっちが思いやりをもって接するじゃない?でもな、相手はちーっとも思いやりを持ってくれないわけよ。

しまいにゃ、「オレには・ワタシに思いやりは当たり前じゃー!お前には思いやりはかけんがな、うはははは~!!」、って、

“思いやりの片思い態度”

もっといえば

“思いやりのやらずぼったくり状態”


になっていくわけ。
なんかこれ、まるでよろしくない結婚生活とか育児みたいよ。どっちも経験ないけどな。
プロフィール
HN:
kawoossan
性別:
女性
自己紹介:
kawoossan:白猫月子(つーさん)の下僕。

月子(つーさん・♀):雑種の駄ネコ。下僕に厳しく、自分に甘く。
最新コメント
無題(返信済)
(04/21)
無題(返信済)
(04/20)
無題(返信済)
(04/19)
無題(返信済)
(04/18)
無題(返信済)
(04/18)
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 6 7
8 9 10 11 12 13 14
16 17 18
24 25 26 27 28
29 30
本棚
ブログ内検索
アクセス解析
バーコード
フリーエリア
最新トラックバック
※ 忍者ブログ ※ [PR]
 ※
Writer 【kawoossan】  Design by NUI.T  Powered by NinjaBlog